So-net無料ブログ作成

環境省、ミドリガメ規制強化! 亀すくいが消える!? [国内]

亀の話題です。

少し前に

カミツキガメまた発見! どぶろっく江口謝罪 伝えたいこと

こんなのがありました。



フツーに飼っていたものが禁止されていた。。。

鶴は千年、亀は万年

時間の概念を取り入れれば、入り口から!

入ってこないようにしようというのが正解でしょう。


縁日で売られているミドリガメ

日本の祭りの場であっても、これは外来種です。


ミドリガメは、アメリカ原産のミシシッピアカミミガメのことで小さいときに緑色のカワイイ個体です。

成長すると耳のところがくなります。

それでアカミミガメ。


日本のものは何となく地味なものが多いのですが、生き物もそうなんでしょう。

パッと映える緑色の亀

小さくてカワイイ


そういうことで、ちょっとした話題です。

が、やはり掬った後は飼うわけです。

飼って大きくなると、色々と面倒ですよね。

で、捨ててしまうと。



それが問題となっているようです。

環境省のサイト、「要注意外来生物リスト:爬虫類・両生類(詳細)」には
最も大量に(年間数十万匹から100万匹)輸入されている爬虫類である。

となっています。

100万匹って結構な数ですよね。

比喩的に「100万本のバラ」とかいうのもあります。



が、飼育放棄で国内の環境が変化すれば。。。

ブラックバスの環境問題というのがあります。




じゃあ、亀が無くなったらお楽しみは?

カラーひよこですかね〜


関連記事
カミツキガメまた発見! どぶろっく江口謝罪 伝えたいこと


nice!(0) 
共通テーマ:ニュース
ホーム

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。