So-net無料ブログ作成

仁徳天皇の大東亜共栄圏とアメリカ大陸 [海外]

タイトルを見て理解した人は読まなくても大丈夫(笑)


インバウンドという言葉がありますが、コールセンターで使われていたり観光でだったり。


日本に観光で訪れた中国人は昔の中国を感じると言います。

敗れし者の辿り着く所、日本、でもあります。


中国はアジア各地に散らばっており、日本、台湾、韓国、ベトナムに。


日本には唐の建造物が保存されているということです。

保存されているのは、建造物だけでは無く、書物も。



政治学といっても大学では欧米のものが「政治学」。

アジアにもあるのですが、なぜか外されています。

欧米のものが良いという風潮なので仕方ないのでしょう。

最近だとトランプが出て来てリバタリアンという言葉が流行っているみたいです。

欧米かぶれにはリバタリアンが「正しい」のでしょう。

リバタリアンだかリベラルだか知りませんが、盗み読みしないでね(笑)

間違っていて何にも読めてなくアジアが~とかお笑いですよ。




2018年6月26日、元総理大臣の細川護熙氏が理事長を務める永青文庫から中国に漢籍4000冊余が寄贈されました。

国の統治について書かれた唐代の書籍「群書治要」の写本が含まています。

ネットでよく転がっていますよね、アニメとかマンガの名言が。

簡単に言えば、中国古典から抜きだされた集まりの政治版とでも思えばいいでしょう。




「群書治要」は、習仲勲氏が編纂プロジェクトに関わっておりました。

共産主義国家中国の習近平国家主席の父です。

子欲居九夷、或曰、陋如之何、子曰、君子居之、何陋之有、


ということで、次期国家主席習近平氏の来日となりました。
トランプ大統領、お辞儀なし、右腕ポンポン2回軽くたたく? 2009年12月15日の天皇特例会見


トランプ大統領に中国人は龍の子孫だとか言ったそうですが、共産主義なんて眼中にないのかもしれませんね、実は。



そんなアジア諸国からのインバウンド。

といっても、庶民にとっては、鼓腹撃壌、楽しければ良い。

民主主義?

何それ?

おいしいの?


「民主主義」が絶対正義の政治好きにとってはケシカランところでしょう。


今でも日本の都市が何でもかんでもアジアでは一番だと信じて疑わない人が多いようです。

ですが、アジアに出てみると。。。

数値でも出てきていますが、GDPでは日本以外のアジアの割合が増加して来ています。



高き屋に のぼりて見れば 煙立つ 民のかまどは にぎはひにけり


お星さまが見えるかやぶき屋根に住みながら「朕、既に富めり」、です。

煙立つ〇のかまどは賑わいにけり すべて書かれているように進行

アジア諸国が富み、そしてこれからアメリカと心中する日本ですね。



一方のアメリカ大陸。。。

合衆国の周囲の国々はどうでしょうか?


貧者の行進、

そうだ、ティフアナ行こう!




中米で発生した移民希望者の群れはアメリカ合衆国へ入りたいようですが、取りあえず目指すところのようです。

その、ティフアナ (Tijuana) とはメキシコ。

国境の街。


ウィキペディアを見ると、産業として工業、観光の他、麻薬密輸(笑)

これは悪意がありますね。。。


麻薬運搬用地下トンネルが摘発された過去があります。

国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。。。

雪は無さそうなのに雪国とは?



最近ハリウッドで殿堂入りしたマイケル・ダグラス。


『トラフィック(Traffic)』という映画に出演しています。

2000年のアメリカ映画で、コカイン密輸テーマにした映画で、その舞台がティフアナ (Tijuana) 。

まだまだトンネルがあるのでしょうか?



陸路の他に空路があります。

これは、トム・クルーズ主演のパイロットが密輸する実話に基づいた映画です。


ちなみに、トム・クルーズのウィキペディアを見るとプロフィールでいきなり「身長170cm」。

そこを強調するか? (笑)

日本のアイドルでもないのに。


取り締まる方も、取り締まられる方もつながっているという話。

昔は禁酒法の時代、名目の悪役はシカゴのギャング。

現在は中東の狂信的イスラム教徒。

供給元は取り締まりの対象にはなりません。

儲からなくなるから(笑)



まぁ、移民希望者の群れは実はジョージ・ソロスが資金を出しているという話もありますが、否定しているようです。


少し前、オバマ前大統領、ヒラリー・クリントン、ジョージ・ソロスのところのポストに爆発物あったと報道されました。

オバマ&ヒラリーなら共和党支持者なのか民主党支持者のやらせなのか分からなかったかも知れませんが、ここにソロスを絡めると。。。

「気づけよ、お前ら」と言いたい空気がぷんぷん(笑)

ということで、犯人が捕まりました。

ネトウヨリバタリアンのようです。



中米の移民希望者の群れは、クライシスアクター名作劇場の移民版?

ただし、仮に彼らがやらせであったとしても、リアリティがあるのはなぜ?

やっぱり実際、アメリカの裏庭というだけあって、収奪の対象だったからです。

そして富めるアメリカ目指して三千里。


一方の日本、研修生という名の移民候補がいますが、もうじき日本はかやぶき屋根からお星さまが見える程落ちぶれていきます。

これから発展するお国へ帰りましょう。



中共ガ~と言われながらも、ひたすらODAで富ませてきました。

イギリスが抜けてNATOから真EU軍、欧州大陸軍の誕生へ 中国は日本にとっての一夜城

やっと米国債を仲良く買ってくれる程に成長しました。

ロシアは米国債を減らしていますが、ゼロにはしないんじゃないかな。

ずっと悪者にされてきて、一枚噛みたい雰囲気があるからですね。



ジョージ・ソロスのパートナーだったジム・ロジャーズはアメリカ南部はメキシコだったから分裂すると言います。

まぁ、そうなんでしょう。

分裂するだろうし、元々北米先住民の土地だったアメリカ。

とすると、琉球、出雲、北方領土の動向も理解できます。

そろそろ日本は改元です。

廃藩置県は明治時代、中央集権化でしたが、それ以前に戻ろうとしているのでしょう。



バルカン半島は火薬庫とは歴史の教科書にありましたが、今は合衆国が。

リバタリアンが好きな憲法修正第二条で疑心暗鬼、銃器がいっぱいのアメリカ。

大草原の小さな家とかは自主独立の象徴ではなく北米先住民差別のイメージになってきているようです。

一方の日本は九条で戦争放棄、去兵。



曰、去兵、

曰、去食、

自古皆有死、民無信不立、




「やまと」は金融センターのニューヨーク沖で、去食。

第二次大東亜戦争の後に。。。



長い長い大東亜戦争のようにも見えますが、日本の歴史からすれば短いのかも知れません。

ただ、これから生きていく日本人にとっては再びどこかで聞いたような季節の予感が。。。

二度目の戦時中は虎の威を借りる狐のように突然張り切らず他人にやさしくしましょう。






関連記事
トランプ大統領、お辞儀なし、右腕ポンポン2回軽くたたく? 2009年12月15日の天皇特例会見


煙立つ〇のかまどは賑わいにけり すべて書かれているように進行


イギリスが抜けてNATOから真EU軍、欧州大陸軍の誕生へ 中国は日本にとっての一夜城


nice!(1) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

ホーム

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。