So-net無料ブログ作成

サウジの穴埋めでまた円安? [海外]


サウジの穴埋めで10月から円安?


中東の金持ちアラブ国家、サウジアラビア。



敵は、宗教国家ISIS団? それともシーア派イラン?

彼らは悪い奴らなんでしょうか?


う~ん、そんな悪い奴らから守ってもらうには?




親米のサウジが国教とするイスラム原理主義のワッハーブ派。

サウジアラビアがアメリカから武器を購入。

米国が悪い奴らからサウジを守ってくれるようですね~




ん?

そう言えば、似たような構図がありますね、東アジアにも。。。

共産主義のソ連のようでありながら旧大日本帝国のような国がミサイルか何かを日本の方に向けて飛ばしています。

それでもお盆とか選挙期間に入っていると忖度してくれているようで、ロケットは飛ばさないみたいですね。

空襲警報じゃなくてJアラートは鳴らないですね。



で、そんな困っている日本に救いの手を差し伸べてくれるのが、これまたアメリカ(笑)

悪い奴らから守ってくれるそうです!



アメリカは中東でも東アジアでも活躍しています!





最近ではなんと、「供与」と忖度しています(笑)

本当は、マッチポンプの押し売りなので、少なくとも「売却」なのですがね~

「供与」って書かれるとタダかなって思っちゃいますよね?

なんか、「貸与」に似ているし。



で、実際のところは、「押し売り」の「売却」です。


言葉はもう少し正しく使った方がいいんじゃないかも。


負けている時は、転進とか大本営用語辞典であったとか無かったとか。






1年前。。。


2016年9月28日、米議会で「9・11法案」または「サウジ法案」と呼ばれるものが圧倒的多数で可決。

2001年9月11日の大規模テロ事件はサウジアラビア政府の責任として合衆国の議会で法案成立。

当然、同盟国のサウジアラビアは怒っていました。


で、同盟国サウジの次なる行動は米国債の売却かという話で、穴埋めは誰が?

極東のATM国家の国民のお金が買い支え?




その後、オバマ政権からトランプ政権に移行。。。

ネトウヨじゃなくて白人優位主義者じゃなくてリバタリアン希望の星のドナルド・トランプ大統領です。


リバタリアンは反軍産複合体の星トランプ大統領を持ち上げていました。

軍縮の時代?





2017年5月20日、トランプ米大統領は就任後初の海外訪問先はサウジアラビア。

ISIS団イスラム国とイランの脅威で困っているサウジアラビアです。

武器売却契約を結びました!

1,090億ドル(約12兆円)です。



加えて、3,800億ドル超の対米インフラ投資にも合意。

経済成長が続く新興国が先進国のGDPを抜いたのは何年か前の話。

今日の日経新聞はBRICS特集? 2014年の国内総生産は、G7が31.8%、BRICSが30.6%

でも、サウジは同盟国だからか米国に投資するという話です。




まぁ、アメリカがしっかり守ってくれるんですね~




で、我らが地域、極東は?

2017年9月5日、トランプ大統領は日本と韓国がアメリカから軍事装備を購入することを認めると投稿。

お得意のTwitterで、です。


北朝鮮から守ってくれるそうです!

空襲警報じゃなくてJアラートが鳴りやみません。


そして、10月4日、米国務省は、日本に対して中距離空対空ミサイル約1億1300万ドル(約127億4千万円)相当を売却する方針を決定し、議会に通知したと発表。






ところが、中東のサウジ。。。


その前に、トルコ。

9月にトルコと「S400」輸出契約を結んでいます。

防空用の地対空ミサイルです。




そして、サウジアラビア。

2017年10月、同盟国アメリカと敵対している国にサウジアラビアのサルマン国王が10月4日から7日にかけて初の訪ロ。

今後ロシアから35億ドル相当の武器を調達する軍事協力の覚書に署名。

「S400」です。




トルコもサウジアラビアも親米国家の筈が。。。

ロシアはアメリカに敵対する悪い奴だったんでは?


アメリカから武器を買わなきゃトルコやサウジじゃなくてアメリカが困っちゃうんじゃないですか。

米国は、ガバメントシャットダウンとか言うし。。。

アメリカが困っているから誰かが穴埋めをしなきゃ。

誰かがって、誰?





前回のドル円トレンド転換。

日足、ダウントレンドの中で高値更新していました。

これでダウントレンド終了。

2016年10月13日あたりですね。


その後、いわゆるトランプショックで深く押し目を付けたものの、直近安値は割れずにアップトレンドになりました。

直近安値は、2016年11月9日の安値。





で、今回2017年はレンジ相場です。

見ると、日足で高値を一瞬ブレイクしていますね。

ただその後、安値は更新しています。



現在、高値に近づくも勢いが衰えている様子。

ここから押し目を付けるために戻して上昇ということも考えられます。

調整中の最安値を作って再びアップトレンドということもあるかも?


まぁ、一つのシナリオですが。




で、仮にドル高円安とすると、子ども食堂が繁盛する?

繁盛っていい言葉ですが、貧しい子どものための食堂なんですよね。。。


最近は食料品が値上げしています。

これが円安になれば。。。

子どもが可哀想?

子どもすらいない世帯、結婚も出来ない人は。。。


保守って昔は、人のために動いてナンボ、人を食わせて評価される筈だったんですが、高度成長期に成り上がってお金をガッチリ墓の下まで持って行って保守するのが平成の保守主義という風潮です(笑)

会社にいる時のようにキョロキョロして保守って言っとけば今の人は騙せるとでも?


ネトウヨの正体は何なのか?

まぁネトウヨは偽装保守とは言われています。

きれいはきたない、きたないはきれい。

弱者は強者、強者は弱者。

何となく見えてきたような気がしないでもなくはないですね。




関連記事
サウジの穴埋めで10月から円安?

今日の日経新聞はBRICS特集? 2014年の国内総生産は、G7が31.8%、BRICSが30.6%


逆ドミノ倒し? 中東の次は東欧? 逆カラー革命? サウジの怒りと米国債売却の可能性、トルコの寝返り


トルコのヨーロッパ離れ EUからもNATOからも


トルコのクーデターと軍部の世俗主義とは?


英国のEU離脱問題の次は? 中東への影響は? トルコ編


カタールとの国交断絶はアラブの内紛、トカゲの尻尾切り

ティラーソン米国務長官、軍事モード外交でデビュー♪ サウジ特需。。。


米国、日本、サウジアラビア ・・・韓国 サウジ特需


nice!(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

ホーム

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。