So-net無料ブログ作成

フィヨン、ロシア頼み? クリミア問題で麻生氏と同意見 [海外]



麻生太郎とクリミア
昔、麻生太郎副総理は日本政府が対露制裁支持を表明している中で、ロシアに理解を示す発言をしていました。

昔と言っても、2014年3月ですね。



「キエフ公国というのはロシアのもと」

「日本で言えば宮崎県が独立して高天原がいなくなっちゃうみたいな話」

だから、クリミアもロシアのものでいいんじゃないの、という麻生太郎氏の話でした。



麻生氏は親露派?



近年のクリミアの動き
クリミアはソ連の一部からウクライナに移管。

ソ連崩壊後、クリミアのロシア人はウクライナでなくロシアへの帰属を求めるようになりました。

ウクライナからクリミア独立の動きも沈静化した後、ウクライナ共和国内の自治共和国として、1998年にクリミア自治共和国に。

2014年クリミア危機で、クリミア自治共和国はクリミア共和国となりロシア連邦へ編入。

さまよえるクリミア人。。。




ここで、国際社会は認めていない云々があります。

が、昔のアメリカも同じようなものでしょう。(笑)


一方的にイギリスから独立。



当然、憲法だの法律だのに違反していると言われたことでしょう。

そこは強引に押し切る予定だった。

でも今や立派な大国?




フィヨンのフランス
さて、最近クリミアという言葉が出て来てまた議論を呼んでいるのがフランスの大統領候補。

クリミアのロシア併合を容認する発言をしています。

フィヨン仏元首相です。

フィヨン元首相の疑惑 フランス大統領、政治家の疑惑と犯罪

もちろん単純にロシアはいいヤツだ。

だから敵対視せず仲良くしようとは言えません。

正攻法じゃダメなんですね。


間に噛ませるのが、イスラム国という悪の集団。


悪のイスラム国をやっつけているロシアとはケンカせず共同でというストーリーを作っています。

ここで、いやロシアは悪でイスラム国は善だとは言えません(笑)

微妙なバランス感覚で選挙戦に当たっているフィヨン氏です。



ロシアが欧米の選挙に介入しているという噂がありますが、証拠が出てこないですね、不思議と。

捏造でもいいから出せば面白いのに。


当然、フランス国内の移民、イスラム教徒嫌いにも多少は受けるでしょう。

移民排斥といえば、極右のルペンのイメージでした。


これが票になるとなれば、フィヨンも乗りたいところ。

ロシアとの関係悪化がフランスの国益に反しているならば、一石二鳥。


ただ、NATO本体としては東方拡大、ロシア侵攻を狙っているので、どうなんでしょう。




おフランス人
まぁ、そもそもフランスは独自路線が好きな国。

おフランス料理の国です。

宮廷料理と言えばフレンチ。

ハンバーガー外交 トランプ大統領の炎上商法! アメリカ人、金持ちでも味音痴? バフェット、オバマは?


昔のロシアの宮廷ではフランス語が話されていたのに。

ドイツに押さえつけられたり、イギリスにちょっかい出されたり、アメリカに指示されたり。。。

屈辱以外のなにものでもありません。


NATOは知らん、欧州連合も知らん、ユーロも要らないとなっても不思議ではありません。


他国に指示されるのにガマンがならないフランス人の内面が窺えるフィヨン氏の今日この頃でした。


関連記事
2017年フランス大統領選挙候補者、米大統領選挙に例えると?

ルペン当選でロイヤルストレートフラッシュ! コワいコワいヒィー

2017年フランス大統領選挙候補者の5人

ルペン大統領爆誕か? ルパン? ルペン?

フィヨン元首相の疑惑 フランス大統領、政治家の疑惑と犯罪

ハンバーガー外交 トランプ大統領の炎上商法! アメリカ人、金持ちでも味音痴? バフェット、オバマは?


nice!(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

ホーム

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。