So-net無料ブログ作成

フランス・フラン復活なるか? ルペン大統領爆誕でユーロ放棄? [経済]


フランと言えば、現在はスイス・フラン。

Chfの記号で現されています。



欧州通貨
ヨーロッパのメジャー通貨だと、ユーロ(Eur)、ポンド(Gbp)、フラン(Chf)ですね。

ユーロ(Eur)が誕生したことにより、フランスフラン(FRF)は消滅。



ユーロもドイチェマルク(DM/DEM)を薄めたようなもので、欧州はドイツの植民地のようでもあります。

元々、マルクがヨーロッパを牛耳っていたので、各中央銀行、政府は中々金融政策には手を付けられず。

その後、政治経済等の統合が欧州で進み通貨もユーロに。



2017年フランス大統領選挙
ここに来て、自国第一主義の動きが世界的にブームになっています。

フランスではルペンさんが大統領候補になり、もしかしたら、という話です。

2017年フランス大統領選挙候補者の5人

彼女は反EU論者です。



フランスが抜けるフレグジット(Frexit)ですね。

イギリス(Britain)の離脱(exit)で、ブレグジット(Brexit)。

フレグジット(Frexit)とは、そのフランス版です。



欧州連合から抜けるということで、更にはユーロも?

フランスがユーロという通貨を止めてフランス・フランという話です。

ルペンも賛成?



先のことは分かりませんが、為替は長いユーロのレンジ相場から抜ける可能性もあります。

4月後半から5月。

2017年フランス大統領選挙の日程 ル・ペン大統領爆誕とユーロの動きは?

第1回目投票が4月23日(日)、第2回目投票が5月7日(日)です。

ルペン大統領爆誕、フランス・フラン復活?


関連記事
2017年フランス大統領選挙候補者の5人

2017年フランス大統領選挙の日程 ル・ペン大統領爆誕とユーロの動きは?




タグ:FRF ルペン
nice!(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

ホーム

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。