So-net無料ブログ作成

スペイン国王夫妻の2017静岡訪問 [国内]


2017年4月7日(金)

国賓として、スペイン国王夫妻2017年4月4日(火)から7日(金)までの4日間の訪問。

宮中晩餐会、安倍総理主催の晩餐会の後の静岡訪問。

静岡市内の葵区3ヵ所の訪問となりました。



静岡訪問は大御所、徳川家康を通して日本スペイン400年の歴史を振り返るものでした。

浮月楼の洋時計 スペイン国王フェリペ6世の静岡訪問

キーワードは、浮月楼(ふげつろう)、久能山東照宮、静岡浅間神社、牧之原です。




午前10時半前、両陛下とスペイン国王のフェリペ6世夫妻、新幹線で東京駅を出発 (国賓を案内するのは恒例)

午前11時25分頃、東海道新幹線の臨時列車でJR静岡駅に到着。
雨の中、川勝平太知事、田辺信宏静岡市長らの出迎えを受けた。


1.
葵区の静岡県地震防災センターで防災対策などの現状を視察
島村明利センター所長による説明。


2.
午後0時30分頃、旧徳川慶喜邸の浮月楼(ふげつろう)でスペイン国王フェリペ3世から徳川家康に贈られた洋時計鑑賞。
落合偉洲宮司による説明。(家康公の洋時計は久能山東照宮所蔵)

両陛下、国王夫妻と会食


3.
昼食後、静岡浅間神社を訪れ、地元の小学生による「稚児舞(ちごまい)」、静岡木遣り(きやり)を鑑賞

両陛下、国王夫妻とのお別れ


午後3時半過ぎ、フェリペ国王夫妻は静岡市から車で約40分の牧之原にある富士山静岡空港に到着
午後4時過ぎ、帰国の途に

両陛下午後4時頃、静岡駅で新幹線に。






関連記事
浮月楼の洋時計 スペイン国王フェリペ6世の静岡訪問


nice!(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

ホーム

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。