So-net無料ブログ作成

今日の日経新聞 トランプの怪しい科学知識 [海外]

昔、トマス・クーンとかいう人がいました。

『科学革命の構造』という本を書いた人です




現代は、エンターテイナー、ドナルド・トランプ!


今日の日経新聞 トランプのお幸せな科学知識!?

とんでも系?



トランプ大統領

・宇宙開発で実現可能性の薄い目標を掲げる
・ワクチンへの懐疑を表明する
・地球温暖化にも否定的





2017年(平成29年)1月30日月曜日の日経新聞です。



13面 科学技術

「トランプの科学」に懸念




ワシントンからの報道、のようですが、まぁネットで就任前から米マスコミが報道しています。

トランプ、ヤヴァいだろ~、と。


紙面では以下の通りです。

宇宙
今世紀末までに太陽系の全惑星を有人探査。
地球観測は撤廃も。

生命科学
がん、幹細胞研究の縮小も。
ワクチンは安全性を再検討。

気候変動
研究発表を中止、今後は公表に「政治的レビュー」が必要。
研究者リスト提出を要請、パリ協定離脱も

原子力発電
現時点で不明。
米国産の石炭・石油を重視



記事本文は

だが、これまで有人探査が具体的に研究されているのは火星まで。
政府の肥大化を嫌うトランプ氏が、現実に宇宙開発費を増額する望みは薄い。



 トランプ氏はワクチンへの懐疑も表明している。
ワクチンの安全性を再検討する委員会を設置、接種が自閉症のリスクを高めるとの説を支持する弁護士が委員長に就くと報じられた。



 トランプ政権はエネルギー省に対し、地球温暖化対策に携わった職員や研究者のリストを提出するよう指示した。
リストに乗れば退職強要や左遷につながるとの不安が広がっている。
 気候変動対策への逆風も強まる。
ツイッターで温暖化の豆知識を投稿していた米国立公園のアカウントは、関連投稿を削除した。




日本だとマイルドなんですけどね。

教科書、変わったね~、とか。




宇宙
宇宙といえば人類は月に行ったことになっています。

むか〜し、むか〜し、アポロ11号は月に行ったって言うのに。

証拠がどうのこうのより、出来るならもう一回なぜ行かないの?


何でも昔よりコストが安くなっているって言うし。

シンプルな疑問です。




ワクチン
Vaccines

日本ではワクチン薬害訴訟で騒がれています。。。



気候変動
Climate Change

トランプによれば、中国人の陰謀だからそんなの無いとのこと。

2012年11月6日のツイート
The concept of global warming was created by and for the Chinese in order to make U.S. manufacturing non-competitive.


悪いのは取り敢えず中国!

守るべきは、米製造業!



原子力発電
東芝、東電。。。


2面の広告欄、週刊東洋経済、「東芝解体」。

2面の広告欄、週刊エコノミスト、「電気代は税金となった」。


原子力発電は安全で低コストだったのでは?



ということで、何か変、でもそれは陰謀論だよと言われてきたものがトランプが大統領になって全部まな板の上に。。。

あぁ、テロリストとかいう紙芝居、スポンサード・バイ・ヒラリー(笑)



だから、「中国が~」とか「メキシコが~」というのはダマシで、本丸は別のところっぽいですね。

トランプ大統領の真の敵とは? メキシコとフィリピン 戦争屋と薬物屋

気違いなのか演技なのか?


トランプ大統領の中国叩きの目的とは?



でも、ツイッターしかトランプの言い分を伝えるメディアがないので孤軍奮闘。

大手マスコミの集中砲火です。

トランプが火だるま?


後、進化論に関してもあるようです。




トマス・クーンとかいう人がいました。

『科学革命の構造』という本を書いた人ですが、取り敢えず科学者はインチキしないという前提で書かれたものです。



が、現代は、これは何々に効きますのオンパレード。

ステマですね。



純粋無垢な科学者のイメージは無く、金が入ればでっち上げもオッケーの世の中です。


そこに切り込むのは狂人役のトランプ大統領!




彼らが政府から予算を奪っているとトランプ大統領は見ているのか?

軍産複合体、確かに軍事に科学技術はつきものです。



考えてみれば、中国とかメキシコなんて怖く無い筈。

だって、自分の周りに居ないから。



周りにいたらヒラリー・クリントン用語で言うと「排除」されるリスクがあります。

ポアされる?


でも便利なので、取り敢えず悪役は、中国!

親中派トランプ! 孫娘に中国語を習わせていた!

なんというプロレス(笑)



「トランプの科学」に懸念している利権集団にトランプマジックが通じるか?

変化球が得意なようで。。。


関連記事
トランプ大統領の真の敵とは? メキシコとフィリピン 戦争屋と薬物屋

トランプ大統領の中国叩きの目的とは?

親中派トランプ! 孫娘に中国語を習わせていた!


nice!(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

ホーム

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。