So-net無料ブログ作成

トランプ大統領の真の敵とは? メキシコとフィリピン 戦争屋と薬物屋 [海外]

ドゥテルテ大統領
フィリピン大統領といえば麻薬取り締まりをガッツリ、非人道的に(笑)

茶色い弟とは? アメリカの兄弟国家、絶縁宣言?

海外から叩かれていました。

で、その薬物ってどこから来るんでしょうか?



禁酒法の時代
米国は禁酒法の時代がありました。

当時マフィアが力を持っていた。

そして取締官がヒーローだった時代。

で、その悪役のマフィアが扱っていた酒はどこから来ていたのか?

対岸のカナダです。

だから、マフィアなんて雑魚だよというのは本当で、やられ役なんですね。

本当のワルは表に出て来ません。




濃いキャラ
濃いキャラクターが最近政治のトップになっています。

米国ではトランプ大統領!



メキシコとの国境に壁を作るとか言ってましたね。

イケメンのペニャ·ニエト大統領は、壁の代金は一銭も払わないとか。


テレビから聞こえたのは「メヒコ、ノ パガラ ニングン ムロ」でした。

調べてみたら、「México no pagará ningún muro」だそうです。

「muro」は壁。



昔、東西ドイツにも壁がありました。

「Die Berliner Mauer」ですね。



取り込み詐欺というのがありますが、トランプは逆に注文していないのに勝手に作って請求する(笑)

それをやろうとしている、らしい。


本気なのか、演技なのか?




で、急転直下。

1月27日、両国首脳が電話協議をしました。

対話路線で行こうよと。

国境の「壁」建設は棚上げ。。。

武器・麻薬問題などから交渉を始めるとのこと。



大統領より力の強い存在
フィリピンで問題となっている違法な薬物

どこで生産され、どこから国内に運び込まれるのか?

フィリピン政府が摘発しても改善されないのはなぜなのか?

フィリピン大統領より力の強い存在?



米国とメキシコの国境を乗り越える薬物のルート

これも大統領つまり政権より強い存在?



詐欺、自作自演
テロリスト、困った困った〜!

だから、権限強化、予算増額を!

問題は絶対解決させずワルモノを上手くコントロールして永続させます。

メシの種ですから(笑)

だから自作自演と言われています。




違法薬物、困った困った〜!
だから、権限強化、予算増額を!



まぁそんなところなんでしょうね。

予算って、国民の血税なんですけど。




役者、お芝居
敵は内部にというよくある話です。

予算と実行力を持つ機関でしょね。

そういうのがトップである筈の大統領に圧力をかけるわけです。



トランプ大統領としても命に関わる問題で、道化を演じざるを得ないのでしょうか。

ハウスクリーニングのやり方、色々あるみたいですね。

ハウスクリーニング




ノラリクラリのオバマ大統領、プロレス興行のトランプ大統領

親中派トランプ! 孫娘に中国語を習わせていた!

オバマなんて弱い!って言われてましたからね、共和党支持のリバータリアンから。

リバータリアンが正義って盲目的に信じるのもあれですが。

あぁ、名誉白人って言葉ありましたね(笑)



イスイス団という紙芝居、違法薬物の流通が止まない理由。


大変ですよね〜

というか、その影響を受ける国民が大変なんですけどね。



関連記事
親中派トランプ! 孫娘に中国語を習わせていた!

年収1ドルの大統領、ドナルド・トランプ

米国抜きの新TPP、米国が入る新AIIB

ハウスクリーニング

茶色い弟とは? アメリカの兄弟国家、絶縁宣言?


nice!(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

ホーム

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。