So-net無料ブログ作成

米大統領選にもドーピング検査! トランプがディベート前の薬物検査を提案、クリントンは? [海外]

「第1のコ〜ス、ヒラリー・クリントン、民主党!」

「第2のコ〜ス、ドナルド・トランプ、共和党!」


あっ、ちょっと待って!

その前に、ドーピング検査を!


そう言ったのは共和党側のドナルド・トランプ氏です。



クリントンのアルツハイマー病疑惑

実際のところ何の病気かは分かりませんが、健康状態には大量の疑問符がついています。

それでもクリントン陣営は問題なしと大統領選続行。。。



「アスリートは薬物検査(drug test)を受けるだろ?」

「我々二人はディベートの前にドラッグ検査を受けるべきだと思う」

と寒空の午後にドナルド・トランプ候補が言いました。



「ヒラリーは、何だかわかんないんだけどさぁ、前回のディベートの始めはアドレナリンがギンギンで終わりになると倒れそうなほどでやっとの思いで車に辿り着いたんだぜ」

「もちろん俺は受けるよ!」

そんなことをトランプ氏は何千人と集まったトヨタ車の販売会社の駐車場で発言しています。



あとトランプ氏は、合衆国政府は「スケジュール2」という規制薬に分類されているオキシコドンのようなオピオイド(麻薬様物質)の流通を減らすべきだと発言しています。

ん? 「オキシコドン」、どっかで聞いたような?


あっ、あれですね、「トヨタ 麻薬」で検索すると出てくる事件がありました。

トヨタ自動車のジュリー・ハンプ常務役員が内容物「ネックレス」として錠剤57錠を隠すように国際宅配便小包で日本国内に持ち込み逮捕となったものの法治国家アメリカ合衆国ケネディー駐日大使の圧力で釈放となった事件です。

忘れてました〜


薬物検査といいオキシコドンといい絶妙なタイミングで話を持ってくる候補!

「薬物検査(drug test)、トヨタ、オキシコドン」、うまい話の持って行き方です。。。



で、対するクリントン陣営、はぐらかして終わり!

それからメディアの援護射撃もいつものようにトランプをディスってます(笑)


ヒラリー・クリントンは既にお人形さん状態!?

お人形さんといってもあの人相でカワイイということでは無いのですが。。。

ロボットですね。


ヒラリー・クリントンのセキュリティーの人間が注射器のようなものを持っている写真が出ていましたが、緊急時に薬物を投入するんでしょう。

9月9日に肺炎と診断され、11日はニューヨークの同時多発テロ事件の追悼式典で体調を崩して途中退席、でも主治医のリサ・バーダック医師は「順調に回復している」と発表し、ヒラリー・クリントンは「すごく元気です」と。。。

68歳で肺炎を起こした後に「すごく元気」ってゾンビみたいで不気味です。

死に体に近いボロボロの身体かも?


というかお薬の盛り過ぎ?

何かあったらうまいこと逝ってもらおうとしている?




ADが合図する演出、拍手!「パチパチパチ」、とか「エ〜?」とかありますよね。

「はい、ここで笑って〜」、そんな合図がヒラリー・クリントンに送られるそうです。



そんなにまでして大統領の椅子が欲しいのでしょうか、クリントンさん又は周りの人たちは?

孔明じゃないんだから、トランプはオンボロのミコシを担いでいるのを見ても何とも思わないというか哀れに思ってるんでしょうね。。。

もしかしてヒラリー・クリントン、オキシコドン?

関連記事
ヒラリーはパーキンソン病? アルツハイマー病?

トランプの怒りとは? クリントン王朝と法治主義

ヒラリー・クリントンの健康問題

キャロライン·ケネディ駐日米大使の積極的役割とは何か? 恫喝?主権侵害?

トヨタ米国人役員、ジュリー・ハンプは麻薬を常用していたか?







nice!(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

ホーム

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。