So-net無料ブログ作成

スイフトが見せた人民元の実績とSDRの行方 [経済]

海外送金で出て来る言葉、スイフトコード

SWIFT、国際銀行間通信協会のコードです。



スイフト、10月6日発表によると中国人民元は力強い動きを見せ国際決済通貨として第4位に。

ここで円が抜かれてしまいました。。。



サイボス(Sibos)と呼ばれるスイフトの国際会議が開催されるタイミングで人民元に関する最新情報を盛り込んだものを発行しています。

今回は金融センター、シンガポールでの10月12日から15日までの開催。

シンガポールは人民元の決済では香港に次ぐ存在です。



今年の1月に通貨ランキング5位との報道がありましたが追い上げが激しいですね。

米ドル、ユーロ、円、英ポンドが外国為替市場の主要取引通貨となっています。


SDR、特別引出権の構成通貨でもあります。

その通貨のバスケットの中に人民元が入るかどうかという話があります。


だから上海ショック、上海株式市場がどうのこうのというより大きい話があり、ロイターの記事では中国人民元切り下げは、SDR構成通貨に人民元が加わる一助にになるかもしれないとしています。

株をやっていて損した得したとか、外為で乱高下とかの裏にこうしたもっと大きい話があるのですが、正確に報道されませんね。



そのSDRに元が入るかどうかで、今回のスイフトのレポートは実績を裏付けるものとなりそうです。



その他の通貨では、オーストラリアドルは高金利通貨として外貨預金で人気です。

でも、人民元?



意外なことに国内の銀行でも預金として扱っているようです。

あまり大々的に宣伝はしていないためでしょうか。



株よりも値上り益を狙うのが精神的に楽という人もいるようです。

毎日変動が気になって疲れてしまうという人は外貨預金なのかもしれません。



関連記事
今日の日経新聞は中国崩壊?シリア崩壊? 微信(ウィーチャット)決済サービス

今日の日経新聞は中国銀聯カード、首位

今日の日経新聞はBRICS特集? BRICS、G7に肉薄

AIIB、IMFと世銀そしてADBからお墨付きを得る! 若者の◯◯離れ

中国絶賛崩壊中!? 世界銀行とIMFが中国主導のアジアインフラ投資銀行を支持






nice!(4) 
共通テーマ:ニュース

nice! 4

ホーム

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。