So-net無料ブログ作成

今日の日経新聞はドイツと米FRB利上げタイミングの答え [経済]

9月26日土曜日の日経新聞です。

パラパラっと見ました。


まとめると、VW、米中、シャープ、タバコ、物価下落と値上げ、FRB利上げのタイミングという感じになっています。




VW
独フォルクスワーゲン

排ガス試験の不正問題です。


自動車会社1社の問題では済まなくなっていますね。


日本の自動車産業同様すそ野が広いのが業界です。

また、最近ではシリアからの移民流入の問題もあります。

あれはトルコの嫌がらせも間にあるという話も。。。


自動車評論家がフルボッコ(笑)

欧州車を褒めて国産車はけなす傾向があったからですね。

意識高い系欧州版(笑)


ボロクソワーゲンという言葉も復活です。

VW、書くとブイとダブリュですが、ファウヴェーですね。



ドイツは技術立国というキーワードも使えなくなってしまいそうな勢いです。

金融立国というのもありましたね。

結局、日本はどうすればということで、まだお手本が必要なようですが。。。




東京、パリ、北京の空の写真

いわゆる先進国の筈のフランス

花の都、パリの空が曇っている。

なぜ?


そこで車の規制をしています。

まぁ、分かっていたんですね。

パリに巨大な工場群が立ち続けているとは聞いていません。


ということは、車。

で、欧州はディーゼル車が販売台数では5割。

それが答えだ!



で、欧州では「クリーンディーゼル」という言葉をもじって、「ダーティーディーゼル」という言葉が。。。


北京のスモッグは石炭が云々かんぬん。

でも、それだけだったんでしょうか?

VWは中国でも大量に販売されています。


怪しさ満載。。。




中国が~と言っていましたが、パリでもヒドイということは。。。

排気ガスという化学物質をまき散らしていたということです。



そんなニュースで元東京都知事の石原氏のディーゼル規制がちょっとした話題に。

当時はあれはやり過ぎと言われましたが、今思えばダーティーディーゼルの排ガスがまき散らされなくてよかったよかったと。


中国はどう出るか?



米中首脳会談
オバマ氏は「大国と新興国が必ず衝突するとは思わない」と述べた。


何だか上から目線っぽいですね。。。

2大大国とか、G2とか書かれることがあったりしますが、中国は新興国だと言っています。

いいんでしょうか?


中国によるサイバー攻撃があったとし、オバマ政権は経済制裁をちらつかせているとしています。

先ずは証明ですね。

経済制裁はロシアに対しても行っていますが、次は軍事となります。

本気なんでしょうか?

中国からすれば「じゃあ米国債、売っちゃうよ」となりかねません。



マーケット商品面では「パラジウム、上昇続く」との見出し。

プラチナとの価格差縮小と書かれています。

「今回のVWの問題でディーゼル車からガソリン車に需要がシフトするとの見方がある」



シャープ
企業総合面では、「シャープ株、年初来安値」との見出し

その中で出てくるキーワードはやっぱり「液晶」


マーケット商品面で「車載パネル市場急拡大」とあり、シャープなど強化と書かれています。

まだまだ液晶のシャープ、頑張ってほしいですね。



タバコ
JT、日本たばこ産業の大型買収交渉

タバコというと煙、肺炎を連想してイメージが悪いですね。

それでもガンガンM&Aで攻めるJTです。

写真に「ナチュラル・アメリカン・スピリット」というのが出ています。

無添加が売りのようです。


喫煙者数の減少と肺がんになる患者数が逆相関関係というデータがあります。

じゃあ、タバコは癌の元では無かったというのははばかれるんでしょうか。

その前に、無添加が知られている、ということは化学物質が怪しいですよね。

VWの排ガスは結局は化学物質


仕事中は目をきりっとしていても、とろ~んとした顔でタバコを吸っている人(笑)

そんな人たちがJTのお客さんなんでしょう。



物価下落と値上げ
デフレ脱却

それはいいかも知れませんが、生活に必要なものばかりが上がっている。

そういう記事です。

「食品・家電…相次ぐ値上げ」となっています。

結局、給料が上がらず、必要なものが値上がりしているのが問題のようです。



FRB利上げのタイミング

FRB議長「米利上げ 年内が適切」

相変わらず歯切れの悪い曖昧なことを言っています。


経済指標が~、中国が~



利上げを決めるのは議会じゃないでしょうか。

つまり、議会の予算案で負債が増えてもオーケーと言ってくれれば利上げするというのが正解でしょう。



それを確認して利上げ。

金利が上がれば米国の利払いの危機


デフォルトの犯人にされないために、連邦議会が決めた後、イエレンFRB議長が利上げするというシナリオ


それを狙って中国が米国債売却(笑)

後でどうなったかデータを見てみましょう(笑)

外貨準備にゴールドが増えているかも知れません。


オーストリア中央銀行、ゴールドの保管は自国で

オランダ、金塊保管場所方針変更、秘密裏に実行



VWにもFRBにも中国の影が。。。






nice!(0) 

nice! 0

ホーム

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。