So-net無料ブログ作成

甘利大臣の白髪は某国の過大なる要求のためか? [経済]

もうやりたくない」発言の甘利TPP担当相

白髪が増えているようですが。。。


一年前、

「心無しか生え際が白っぽく映るのは気のせいでしょうか。」


それと比べると、やはり激増!!!

みんな気になっているのは、もう気のせいではありません!!!


米ハワイのマウイ島で4日間の日程、現地時間28日から31日で行われたTPP閣僚会合

合意には至りませんでした。


7月27日、甘利明TPP担当相は出発前に羽田空港で報道陣の取材でこう述べていました。

「すべての参加国がウィンウィンとなるような成果を求めて全力を尽くしたい」


甘利経財再生相、最近白髪が増えていませんか?

そんな心配をする人が増えているようです。。。


染めるのをやめただけという意見もあります。

染める時間すら無かったのか?


そもそも過酷なスケジュール。。。

そりゃあ、白髪も増えますよね〜



今回の交渉後、

「ある特定の国が」

某国とは?


乳製品に関して強硬姿勢を崩さなかった国のためと言うことです。

某国って酪農国ですか?

まぁ確かにバターって高いですよね。



甘利氏、舌がんで手術をしています。

白髪染めをしていたのかどうか?

そんな疑問もあるようです。



どちらにせよ、TPPの交渉はムダじゃないですかね?

だって、自由主義というなら関税ゼロの筈。

自由主義のリーダーが日本車に対してあれこれ要求します。


これって自由じゃないですよね。

子供でも分かります。


現地調達率が〜

それでも上手く行かないから難癖付けて裁判に。。。



二段、三段とトラップを仕掛ける。。。

舌が何枚あるんでしょうか?


自由主義経済ではなく統制経済では?

本音を隠そう隠そうとしての悪あがき。


TPPも自由主義ベースの競争で負ければ裁判に掛けるという反則技!

後出しジャンケンの極みです。


裁判、法律、正義!!!

そんな洗脳大国の内部から批判が起こっているんですね。

正義なくして平和なし! 」だそうです。


国内ではジャスティスリーグとか、暴力満載の洗脳。

人種差別は放置で他国に対して民主化!



法曹界出身のオバマさん、TPPに賛成です。

裁判というお仕事ですよね。


米国では救急車の後を追いかけるのがお仕事と言われています。

新しい需要を作っているんですね(笑)


銃規制、これも賛成。

子供たちが〜

といってダシに使っていますが、経済崩壊での暴動に備えてのものです。



甘利大臣も分かっていてやっているとは思いますが、やはり心配ですね。


関連記事
債券市場とジェイド・ヘルム

オバマ「米国は法治国家だ!」 

あなたの勝利だ! 首締め殺人白人警官の勝利!、また不起訴に オバマは?

白人警官、また黒人射殺、米ミズーリ州で また不起訴か?

トヨタ米国人役員、ジュリー・ハンプは麻薬を常用していたか?

積極的役割とは何か? 恫喝?主権侵害?

nice!(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

ホーム

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。