So-net無料ブログ作成

今日の日経新聞はおいしい? [海外]

7月29日水曜日の日経新聞です。

パラパラっと見ました。


まとめると、TPP、ふるさと納税、中国株安、M&Aなどの海外展開、戦後70周年という感じになっています。




日米TPP
個別の数値が載っていますが、当然のことながら実質はブラック企業と同じ仕組みですね。

小悪党の上前をはねる悪党と言う人もいますが、ブラック企業で一生懸命働いて納めた税金が海外にうま~く流れる仕組みが本質でしょう。

合法的カツアゲの件ですね。

おいしいトンカツが揚がるんですね〜


国際企業が気に入らなければニューヨークで裁判にかける。

もちろん、英語ですね。

裁判官、弁護士等、関係者はお仕事が増えておいしい

ですよね、元弁護士のオバマさん。



軍産複合体が悪者、軍を動かすのをあまりしないオバマはイイ者

中々うまい構図です。


日本が安保関連法案を進めるのにいい顔しないようでいて、実は自分のところの予算を削るのに役立っているというそうです。



「惻隠の情」という言葉が注目を集めた自民党の村上誠一郎氏

思いやる気持ちですね。


自民党の金丸さんの「思いやり予算」というものがありました。

ちゃんと訳されているんでしょうか?


米国では「正義なくして平和なし! 」といってデモがありました。

そういえば法治国家が正義の国とは限りません

不正義でも法律だから〜で洗脳して迂回して金銭を巻き上げる。

ウマウマ〜




加熱ふるさと納税
小見出しに
「タコが足を食う」とあります。

自治体間の分捕り合戦のように書かれていますが、
補填の原資は国民が収めた税金。たこが足を食うような話だ。

とも。

(関連記事5面に)
お得すぎる寄付

ふるさと納税は年収が高い人ほど利用額が大きい

記事中に現在の約1億2600万人から4000万人に人口が減少するという話が出ています。

3分の1になる計算です。

それがこれから半世紀で起こるとのこと。


少子化と高齢化

それから、別の記事に霜降りよりも赤身

和牛赤身、霜降りに近づく
消費者の健康志向 背景

これも高齢化で胃に重く感じる人が増えているからでしょうか。


大トロ、霜降り。。。

何となくバブルっぽい気がします。

もしかしたらテレビタレントの感想、「甘~い」という発言も少なくなるかも知れませんね。



中国株安、中国崩壊!!
遂に来たか?
中国減速、企業業績に影

上海市場ですね。

上海株乱高下、動揺続く



にしても、中々崩壊しませんね。

待ちくたびれました。。。


一方、日本は
実質GDPの前年比は今年1~3月期まで4期連続のマイナス

マーケット総合2面の「大機小機」にあります。

減速どころかマイナス。。。

他国が云々じゃないと思いますが。。。


中国が4期連続のマイナスだったらネトウヨ歓喜で話は別ですが、ファッションなんですかね~




ラジェシュ・エクスポーツ(インドの宝飾品企業) 世界最大の金精錬会社、スイスのバルカンビを4億ドル(約492億円)で買収した。 ラジェシュは「貴金属の製錬や金の装飾品製造を含む総合企業」になるという

アジアフラッシュからです。

1961年創業のスイスのバルカンビ(Valcambi )は米系ニューモントの子会社です。

コロラドに本社がある1921年創業のニューモントマイニングですね。

それがインドのラジェシュ・エクスポーツ(Rajesh Exports)に買収されたということです。


インドは中国と並ぶ金購入大国です。

金先物が下がるとここぞとばかり現物を買って来るインド人


彼らはそういう習性だから。

そうディスる人もいるようです。

が。。。



そういえば、欧州でも金現物にこだわる人たちがいますね〜

オーストリア中央銀行、ゴールドの保管は自国で


彼らは。。。

中国人、インド人と同じ?

何なんでしょうかね。



中国バブル崩壊、金暴落!

ついでに中国分裂!

じゃないんですか?



サントリー上場検討
M&A継続へ土台作り

東芝、経営刷新委きょう発足

カリフォルニア州の原発事故
三菱重工業に賠償請求へ
米電力など、9300億円

サントリー、東芝、三菱重工業と海外展開をしている企業です。

裁判というトラップ、大丈夫でしょうか。



広告欄

米カリフォルニア州弁護士 ケント・ギルバート WGIPをご存じですか? まだGHQの洗脳に縛れらている日本人

タレントなどで有名なモルモン教の宣教師として来日したケント・シドニー・ギルバートさん

カリフォルニア州の弁護士でもあります。


広告欄を見ると、戦後70周年ということで、そんな関係の書籍のものが多いようです。


WGIP、ウォー·ギルト·インフォメーション·プログラムのことです。

日本人が悪いという洗脳をアメリカ人が施したというもので、それをアメリカ人のケント・ギルバートさんが書いています。

大丈夫ですかね?



戦争とは国と国との戦い

正規軍と正規軍の戦です。

当然相手がいるわけで戦争をした国が悪いのなら交戦国も悪いというのが論理的な説明。


もう戦争しません。

戦争したのが悪いんです。

一人で戦争?



日本は軍国主義だった。

じゃあ、原爆を国策として作った国は?

それも軍国主義ですよね。


ロジックとして成り立たないのを無理矢理片方を隠して言うので騙されるんでしょう。



普通におかしいですよね。

サラリーマンはもっと論理を大切にとか言っておきながら、奇妙な構造の発言を聞かされるわけです。



だいたい、日本で活動している外国人って観察していると自国の悪いことは言わないんですよね。

悪の正体はこれだ!とか言っても、見えにくいものだったり、なぜか日本だったり。。。



その意味では彼がモルモン教徒というのはあるにしても、発言としては他の知日・親日外国人とはちょっと違うかもと思います。

ケントさんのブログでも書いてましたね、結構ランキングが上位に来ているとか何とか。



じゃあ、お金はどこに流れているのか?

円安ということは、円を売って何かを買って日本国外に流れていると。

単純な話ですよね、オバマさん(笑)


海外からの資金の流入が止まったら、経済崩壊、そして暴動。。。

ついでに中国分裂!?

あ、アメリカは中国じゃないですね。

JH15(ジェイド・ヘルム15)で準備ですか〜


分かりやすい話を分かりにくく。

そういう人たちがいます。


でも、意識高い系以外は外からだと見えますが(笑)

大変ですね〜




ということで、ふるさと納税で美味しいものでもいいんじゃないでしょうか。

それで国内のいいモノが買えて、生産者も助かると。


関連記事
TPP
積極的役割とは何か? 恫喝?主権侵害?

甘利大臣、現在までのTPP交渉の経過まとめ

甘利TPP担当相「もうやりたくない」 舛添都知事で北京とバランス


サントリー
サントリー酒類本社米国転出は無し? 熟考した結果冷めてしまったのか?

サントリーが潤した投資家は? 干天の慈雨?

サントリー、米ビーム買収の資金調達先は?シェアは?



nice!(0) 

nice! 0

ホーム

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。