So-net無料ブログ作成

中国絶賛崩壊中!? 世界銀行とIMFが中国主導のアジアインフラ投資銀行を支持 [経済]

中国は有給の歴史を持つ国です.。

あ、有給、字が間違ってますね。

悠久の歴史でした。

でも有給は消化したいですね?



で、その悠久の歴史を持つ国の崩壊論が叫ばれていましたが、待てど暮らせど崩壊してくれません。。。


中国主導のアジアインフラ投資銀行のニュースが出て、待ちくたびれた、これで崩壊かと思われたので
すが、なんと世界銀行とIMFが中国主導のアジアインフラ投資銀行を支持を表明!!!


IMF、国際通貨基金のラガルド専務理事がAIIB支持を表明しました。

また、世界銀行のスリ・ムリヤニ・インドラワティ専務理事も歓迎するとしています。



あれっ、崩壊は?

そもそも、IMFも世銀もライバルのはず。。。

崩壊、崩壊、崩壊。。。



まぁ中国は共産主義なのでって言いますが、共産党という看板の政党があるだけで一応資本主義です。

ロシアも一応資本主義です。



それを、中国は共産主義だから〜

ロシアは共産主義だから〜

いつの時代のこと?



えっと、中国の首相は自国の統計を信じないとか。

電力消費量と貨物輸送量ですね。

割と有名な話です。


あと、資本主義と言いながら統制経済だとか。

これも有名です。



共産主義なのか資本主義なのか分からなくなりましたが(笑)

まぁ統制経済ということで。。。

一般の日本人は統計でも何でも中国のことは本気にしていないのでいいのですが。



で、いわゆる資本主義の国って何もコントロールしていないんですよね?

株式市場に政府系の資金を投入するとか、為替介入するとか、量的緩和とか?

まさか中国じゃあるまいしそういった統制はしてないですよね?



えっ、純粋な資本主義の国、資本主義のメッカがやっている?

QE、量的緩和を?

ジャブジャブ・マネー?

それって統制でしょ?



さて、オバマ大統領、米国の電力消費量ってどうなってるんですかね?

株高なのはいいけど、景気の実態は電力消費量と貨物輸送量らしいのですが。

あと、世界の実体経済の動向を探るのに有効とされているバルチック海運指数(BDI)は低迷しています。

というかピークから10分の1にドーンと下がってます

ということは、世界経済の大部分を占める米国の景気も悪いのではと思われますです。

で、株価も安くなるのではと思われますです。



が、しかし、オバマ大統領の米国株式市場は絶好調となっています!


これって矛盾してないですかね?

電力消費が伸びていない理由に、それはね、LEDに切り替わったからという記事がありましたが、そんな大規模な需要のニュースは聞いたことがありません。

なんかサラッと嘘をつきますね〜

結局、お金をジャブジャブと市場に流し込み株高になったというのが真実では?

つまり統制経済。。。


それって中国のパクリ

いや〜、ぶっちゃけ統制経済でしょ?

コントロールドでもプランドでもデマンド・エコノミーでも何でもいいんですが、統制してますよね。

いじくってますよね。

言わないだけで。


量的緩和って結局市場に介入してどうこうしようということで、経済をコントロールしている

つまり、統制経済。


普通の人は誰も中国のことは信じないけど、やっていることって中国と同じで統制でしょ?



3月に入ってから英国、ドイツ、フランス、イタリアとヨーロッパの主要国がアジアインフラ投資銀行に参加表明しました。

それから、金融立国のルクセンブルク、スイスも。。。

金のニオイを嗅ぎ付けての参加なんでしょう。

っていうか、インドもそうですが中国人のゴールドの購入が世界の実需を引っ張っています。



ロシアはルーブルが大幅に減価したのですが、その前からずっと中央銀行がゴールドを買い増していると。

そんなロシアと中国は自国通貨同士で貿易すると。

天然資源というモノがあるというのもそうかもしれませんが、紙切れである紙幣では何とも。

バックにゴールドがあるからでしょう。




そんなところ、ライバルとなる筈の国際金融機関までもが支持表明。。。

中国主導のアジアインフラ投資銀行

その中国はロシアと裏でつながっている、というか裏も表も無くつながってます。

中ロ二国間貿易での決済は人民元とルーブルを用いることを決めており、絶賛暴落中のルーブルの国ロシアを中国が受入れるということです。



そんな中国に欧州諸国はすり寄って行くと。

絶賛崩壊中とされる中国にすり寄って行くと。

倒産するような会社には銀行は近づかないところ、金融立国は中国にすり寄って行くと。



昔から「欧米では~」と言って、日本もそれに続くべしっていうところで賛意を促していました。

賛成しない人間はダメなやつって感じで。

その場合、微妙なヨーロッパの国も入っている場合もありましたが、AIIBに関しては西ヨーロッパ主要国です。

で、今回は言わないんですか???



ゴールドで思い出したんですが、ヨーロッパではゴールドを自国に保管することが良いことらしくニュースになったりしますね。

いやぁ~、金って価値が落ちてるんじゃないですか?

オランダ、金塊保管場所方針変更、秘密裏に実行

ゴールドが帰ってきた~、ホルホル

変ですよね~



歴史の授業で二枚舌外交とかってありましたが、まぁ自分の利益を最大化できるところにはスリスリと。

まれによくあるらしいです。





バルチック海運指数が低いのは世界全体として景気の動向がよろしくないということでしょう。

中国だけが好景気だったら怪しいのですが、他の国でも株高というのは。。。

ジャブジャブお金を刷って流しているからですよね。

量的緩和というドーピングですね。

そんなことをしても中国には勝てないと。

二番じゃダメなんですか?

崩壊論とは何だったんでしょうか?

後50年くらい待つんでしょうか?

中国悠久の歴史(笑)



中国絶賛崩壊中中国絶賛崩壊中中国絶賛崩壊中中国崩壊中中国崩壊?。。。


というか、貧乏なら金に糸目をつけずにアイフォーンとかメリーズとか買いに来ません。

騙されてたんですね。。。

誰に?



関連記事
ブラジルの予定 3位決定戦、決勝戦、BRICSサミット開催、新世界銀行?
ロシア大統領専用機がターゲットだった?! プーチンはなぜ狙われるのか?
オランダ、金塊保管場所方針変更、秘密裏に実行






nice!(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

ホーム

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。