So-net無料ブログ作成

白人警官、また黒人射殺、米ミズーリ州で また不起訴か? [海外]

射殺されたのは18歳の黒人青年アントニオ・マーティン。

火曜日23:15頃に事件発生



パトロールでミズーリ州バークリーのガソリンスタンドを巡回し2人組に職務質問したところ1人が銃口を向けたため白人警官が発砲したと説明。

その黒人は死亡。

ただしもう一方はなぜか行方不明

捜査はセントルイス郡(St. Louis County)警察が、地元バークリー(Berkeley)警察の要請に基づき担当。



水曜日には早くから群衆が集まる騒ぎになりました。

射殺に抗議する住民らが警察と衝突しペッパースプレー(pepper spray)が使用され4人が逮捕されました。



そういえば8月にファーガソンで射殺された黒人マイケル・ブラウンも18歳でした。

バークリーは、ファーガソン(Ferguson)から10分程度の距離、約3キロしか離れていません。



28歳の白人警官ダレン・ウィルソン(Darren Wilson)は6年間の勤務。

今回は34歳の白人警官で、6年間の勤務。

また不起訴なんでしょう。



行方不明の人が気になりますね。

ニューヨークでは白人警官による黒人絞殺現場の動画を撮影していた市民を逮捕しています。

報復による逮捕だとされています。

証言もできないのでしょうか?


サンデル教授、これからの「正義」の話をしようか?


関連記事
黒人狩りの次はホームレス狩りか?
ホームレスに食事を与えることを禁ず
丸腰青年射殺警官ダレン・ウイルソンは退職後どこに?
大陪審のダイバーシティは?
米国射殺事件の混同、エアガンは12歳のタミル・ライス、丸腰は18歳のマイケル・ブラウン
あなたの勝利だ! 首締め殺人白人警官の勝利!、また不起訴に
オバマ「米国は法治国家だ!」
米ファーガソンは沈静化?
米ファーガソンはイラク状態、独裁国家中国は2倍に大躍進


nice!(0) 

nice! 0

ホーム

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。