So-net無料ブログ作成

トランス・ジャパン・アルプス・レースで消防局員3連覇! 日本一過酷な山岳レース、日本海から太平洋の駿河湾まで [国内]

トランス・ジャパン・アルプス・レースで山岳救助隊員3連覇! 日本一過酷な山岳レース、日本海から太平洋の駿河湾まで


トランス・ジャパン・アルプス・レース(Trans Japan Alps Race)が10日午前0時にスタートしました。

15日午後1時ごろトップでゴールし3連覇を達成した消防局の人が優勝しました。

5日半ですか、長いですね〜



このレースは日本の背骨を横切るものです。

レースは今回で7回目となる2年に1度の開催です。

選考会を経て415km走破を目標に全国から30人が挑みました。



標高3千メートル級の北・中央・南アルプスを野営しながらのレースです。

写真で見ると美しいですね〜

でも走るとなると。。。


いわゆるトレイル・ランニングに属するものです。

普通のランニングとかハーフマラソンでもキツいのに。。。



勝者は、静岡市消防局に所属の望月将悟氏です。

消防隊員?

消防局の山岳救助隊だそうです。

そういわれると納得します。


実際の装備とかと違い軽装で走りますが、山岳救助隊の人が優勝となると何だか頼もしいですね。

でも富士山に軽装で上ろうとする人が居ますが止めた方がいいです。

観光と登山は違うと言われています。


望月将悟さん、2010年、2012年、2014年で三連覇!

今回の優勝タイムは5日と12時間57分でした。

2010年の時は、5日間5時間22分。

2012年は5日間6時間24分です。


2010年が大会記録で自己最高記録だったんですね。

今回は、それでも他を寄せ付けない速さでした。

nice!(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

ホーム

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。