So-net無料ブログ作成

南野「8番」凍結 セレッソで2桁ゴール必要? 柿谷「8」番か? [スポーツ]

森島寛晃、香川真司、清武弘嗣、柿谷曜一朗

これでピンと来る人は多いと思います。


セレッソの「8番」ですね。

番号にこだわる人があればそれほどという人もいます。

また、クラブとしての拘り度合いというのもありあます。


そういった中でセレッソはチームとして拘る方です。

セレッソの岡野社長は「ウチはJリーグの中でもっとも背番号を大切にしているチーム」


そういった中で次期8番に近い人はというとやはり南野拓実選手でしょう。

というのはこれまた背番号です。


セレッソで13の次は8のイメージがあります。

清武と柿谷と「13」からが「8」になった前例があるからです。

3代目、4代目がそうなら次はとなります。


会社でいえば拓実クンは出世コースに乗ったも同然です。



岡野社長は「8番は特別です」

続けて「南野に対してもチヤホヤするだけではなく、ダメなときはダメとしっかり書いてください」



13から8へというのは既定のコースの筈ですが、来シーズンの南野選手8番は社長は否定しています。

「冗談じゃない。そんなに簡単な背番号ではない。南野はまだ何も残していない。」

確かに、無得点が続いていることと一発退場。。。



13から8の次期は順調に実績を積み上げる次期なのかもしれませんが足踏み状態です。

柿谷選手の場合はその前に徳島ヴォルティスに行っています。

なんだか相撲の心技体みたいな感じですね。


また社長は、「ふさわしい人間が出てくるまで、8番は空けておきます」としています。

その「ふさわしい人間」とは柿谷選手?


柿谷選手、サポーターに「もっともっと強くなって、8番が似合う選手になってセレッソに帰ってきたい」

そう話していました。


もしかして。。。


13から8は確かに2代続けての路線ではありました。

永久欠番の考えは無く、相応しいプレーヤーに

そのため空き番



初代は、森島寛晃氏引退まで。

2009年から香川真司

2011年は空き番

2012年清武弘嗣

2013年柿谷曜一朗

2014年は空き番。。。

次は未定と。


柿谷選手、南野拓実選手に対して

「今日、こんな大事な時に退場するアホもいます」

「でもあいつが今からこのチームを強くしていくと思います」

とコメントしています。


※関連記事
大久保、柿谷にお別れ弾 川崎がバーゼル移籍の柿谷セレッソにラストマッチで 2-1

nice!(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

ホーム

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。