So-net無料ブログ作成

上海期限切れ肉問題 中国と米国での内部告発 米親会社OSIグループの対応は? [健康]

上海福喜食品有限公司で昨年まで品質管理担当者だった男性が、食肉生産日の改竄を強制されたなどとして訴訟を起こしていました。

結果は会社側の勝訴でした。


米OSIグループの上海福喜に2007年から2013年まで務めていた男性が昨年起こしたものです。

生産日改ざん指示、残業の強制、洗浄剤使用による被害などです。

証拠が不十分だとして退けられました。


今回中国の米国に対する、といった話が出ています。

もしそうであれば昨年の段階で、勤務している人間の訴えを聞いていたでしょう。



中国のテレビが潜入取材して、当局も出てきた。

だから、「想像しろ」。

そういう人がいます。



言いたい事はわかります。

想像するのは自由だし、することもできるし、理解もできます。

「想像」を強制し、そうであると信じさせるのはいささか乱暴でしょう。


ひょっとしたらその部分だけしか見ていないのかもしれません。

よく言えばですが。


日本のものでさえ産地を気にするご時世です。




もう一つ、米国側でも内部告発が出ています。

米国の工場で勤務していた人からの告発です。


肉が床に落ちてもそれをパックしていた。

唾や汗が入った。

手洗いもやる人間は殆どいなかった。

これらは作業員のことです。


検査官もいました。

米国農務省(USDA)の検査官はほとんど寝ていたようです。

現場に実際に行く事は殆どなく工場の別の部屋にいただけのようです。



今回の件は、ほぼ中国が〜という話になってしまいました。

稀に、この会社は米系だから中国政府が云々。

だから、「分かるよな!」

とか。


なぜ日本人が外国の肩を持つか分かりません。。。

その前に裁判で会社側の勝利だったし。。。



2013年の中国での裁判と米国での内部告発



親会社のウェブ上の対応としては、中国での問題として中国のサイトでしか知らせていませんでした。


次に、親会社のサイトに中国での問題として、それは個別の分離された問題としていました。

ここで表現が「中国の顧客(all of our customers in China)」となっています。


そして、日本語訳が出てきました。

ここでは修正された部分がありました。


以上がウェブ上での親会社の時系列の対応状況です。



そもそも米国でケンタッキーフライドチキン(ヤム)とマクドナルドの対応の違いを取り上げています。

マクドナルドはいつまでもオーエスアイと手を切れないでいると。


オーエスアイの設立は1909年と古いのですが、1950年代レイ・クロックがマクドナルドに関わりオーエスアイが納入業者となりビジネスが拡大します。

グローバル展開も、丁度自動車会社に部品会社が付いていくようなものでしょう。

自動車部品と違いナマモノなのでより物理的地理的に近い関係になるのでしょう。



日本でも、レイ・クロックの本が話題になりました。

ソフトバンクの孫さんとユニクロの柳井さんが推していたからです。

彼らがいいと言えばもうビジネスパーソンのバイブルのようなものです。



『成功はゴミ箱の中に』という自伝はこうして売れました。

タイトルの意味はこうです。



「競争相手のすべてを知りたければゴミ箱の中を調べればいい。

知りたいものは全部転がっている。私が深夜2時に競争相手のゴミ箱を漁って、

前日に肉を何箱、パンをどれだけ消費したのか調べたことは一度や二度ではない。」



特に読んでいて変な感じはしませんでした。

料理人が下げられたものから先輩の技を盗むような感じなのだろうと。

日本的ですかね。



ですが、今回、他のサイトを見ても分かる通り、別の意味というか文字通りの意味になりました。

ゴミ箱とハンバーガー。。。


食べたく無いですよね、そんな肉。

素晴らしい本が台無しです。


そういえば柳井さんのユニクロも中国での製造です。

でも品質で中国だから〜という話は聞いた事がありません。

そういったこともあって『成功はゴミ箱の中に』が売れたのでしょう。


そんな中マクドナルドのサラ・カサノバ社長はできる限りの対応はしています。

上海福喜食品有限公司も米マクドナルドのグループが使うから日本マクドナルドもということだったのかもしれません。

選択肢が少なかったのかどうかは分かりませんが、大変ですね。


全ての中国製チキン商品の調達を中止し、販売するチキン商品は全てタイ製のチキンを使用したものとなるということです。

タイのマッキータイランドとカーギルタイランドの2社のものを使うことになります。



オーエスアイは米国側の元従業員の内部告発に関しての問い合わせには応えていません。

OSIは「オー・シー」と発音するそうです。

何を見ればいいんでしょうか?


※関連記事
上海期限切れ肉問題で米親会社OSIグループが謝罪 日本語訳登場!

期限切れ鶏肉問題の親会社謝罪 影響範囲は?

上海福喜食品有限公司の賞味期限切れ鶏肉 どこまで広がるのか?

上海期限切れ肉問題で現地KFCは取引停止、マクドナルドは継続 ブランド企業の調達問題

nice!(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

ホーム

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。