So-net無料ブログ作成

カミツキガメまた発見! どぶろっく江口謝罪 伝えたいこと [芸能]

カミツキガメが発見されました。


カミツキガメは現在特定外来生物に指定されています。

顎の力が強く、鋭い爪があるのが特徴の亀です。

2005年から法律で「特定外来生物」に指定され、原則、飼うことができなくなっています。


米大陸に栖息するカミツキガメは一瞬にして指をかみちぎるほどの凶暴です。

名前の通りですね。


これが1980~90年代にペット用として10万匹以上も国内に輸入されました。

ですが、飼い主が野外に放って野生化し問題となりました。

凶暴ですからね。


そこで環境省は2005年、輸入や売買、飼育を原則禁止する「特定外来生物」に指定しました。

飼育には許可がいることになりました。


ですが、どぶろっく江口さんが飼い始めたのが指定前です。

そして当人は実は禁止になったのは知らず飼い続けたのかも知れません。

この辺は周知徹底して欲しいところです。


逆に、飼えなくなったと知ったら捨ててしまうことも考えられます。

そうして捨てられたのがたくさん居そうです。

例えば、千葉県の印旛沼水系。

平成19年度から毎年2,300匹捕獲されています。


捨てられた後繁殖したのでしょうか。

更に今回の、江口直人さんの件で捨ててしまう人が出て来そうです。



いつものようにカメに餌をやっていてテレビを見たら

どぶろっく江口、カミツキガメ飼育で書類送検!

こんなの出たらビックリします。

飼い主にとったらカミツキガメより怖いですよね。



いつの間に??

ちょっとゴツいけど飼っている人にとっては可愛い亀です。

で、泣く泣く亀を放流することに。



関係者はそんなことを危惧しています。

今回の江口さんの件で初めて知って、逆に環境が悪化というストーリーも。。。

カミツキガメ、恐るべし。



今回は、7月6日新潟県弥彦村の用水路でカミツキガメが見つかりました。

江口直人さんは東京です。。。

関係無いですね。



田んぼの用水路の泥の中です。

住民が見つけ捕獲して警察に届け出たのですが、まぁ無事なんですね。

ただし環境省はカメを見つけた場合は絶対触らず、保健所や警察などに届けるよう呼びかけています。





実はこの周辺で2年前からカミツキガメが捕獲されていました。

どぶろっく江口の仕業ではないんですね。



自然繁殖している可能性もあるそうです。

確かに、印旛沼なんかそうですね。


どぶろっく江口さん、東京都世田谷区の自宅マンション9階からカメが逃げた件で謝罪しました。

しっかり頭を丸めてます。

。。。というか帽子を取ると、元から。。。



7月5日(土)に江口直人さんがさいたま市でCD発売記念イベントに出演し観客に謝罪してます。

ステージに立ち、冒頭で「いろいろとお騒がせして申し訳ありません」と話し、頭を下げた。

「反省の意味を込めて、頭をそってきました」と、帽子を取ってスキンヘッドを見せました。

伝えたいことは分かるんですが(笑)

どぶろっく/新・もしかしてだけど C/W本当に伝えたいこと CD





nice!(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

ホーム

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。