So-net無料ブログ作成

チョコレート値上げへ コートジボワールはサッカーとチョコレート! [家計]

サッカー日本代表、6月15日コートジボワール戦で敗戦!

途中交代で入ったコートジボワールのディディエ・ドログバ(Didier Drogba)選手

圧倒的な存在感でした!!!



前半は1対0で日本優位で折り返したものの、日本のサッカーが出来ず負けてしまいました。

日本を苦しめたコートジボワール

どんな国なんでしょうか?



チョコレートなどの原料になるカカオ豆の生産量の多い国のトップです!!!

西アフリカのコートジボワールは、チョコレートのパワー!?


チョコレート、カカオというとガーナが有名ですが、これは第3位です。

1位がコートジボワール、2位がインドネシアです。

3位以降は、ガーナ、ナイジェリア、カメルーン、ブラジル、エクアドルと7位まで続きます。



1位と2位の生産量の差は2011年は2倍あります。

135万320トン対71万2,200トンです。

それほど、カカオ豆ではコートジボワールの存在が大きいんですね。



さて、今年の夏値上がりしそうなものがでてきました。

ハム、バター、チョコレートなどが挙っています。

これらは原材料価格などが要因となっています。


チョコレートに関しては、新興国の需要と天候不順によるものです。

経済は一般に好況不況を繰り返すということですが、経済が発展している新興国の需要はじりじり上がる一方です。

中国やインドが新興国に含まれます。



天候不順は、エルニーニョ現象で、インドネシアでの生産に影響がありました。

生産量2位のインドネシアですね。



需要の増加と供給の減少により価格は押し上げられます。

その価格は国際市場に反映されます。

カカオの価格は商品先物市場で決められ毎日変動しています。

円換算した場合の価格は2000年が底でした。

以降現在2014年までジワジワ上昇しています。



さて今回の値上げは、今年4月の消費税率が上がったことによる小売価格の再改定ということは避けたいようで表示される値段でなく内容量の減少によって対処することになりそうです。

円安のままだと給料が変わらなければモノの値段が上がるだけで一般消費者は苦しくなります。

ガソリンの価格もジワジワ上昇してますね。

チョコレートの価格もコートジボワールもしばらくは強そうですね。

nice!(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

ホーム

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。