So-net無料ブログ作成

ブラジルを食う、ブラジルで食う、絶叫の前に食う! 大久保嘉人、遠藤保仁、松木安太郎の違い [スポーツ]

勝負事の前に食べるものといえば、カツ丼!


サッカーFIFAワールドカップブラジル大会では、開催地であり優勝候補でもあるブラジルを食らうとうことでブラジル料理!!!

背番号13を希望している大久保選手、5月19日には早速ブラジルを食ってきたようです。



最近はサインを待つファンの列の長さが倍以上になったということですが、笑顔でサインや握手しているよっくん♪

審判に暴言を吐いたことがあるなどとても思えない気の良さです ^^

丸くなったんでしょうか?

というかピッチ上でもないのでそんなものでしょう。



と言っても、ゴールを狙う嗅覚は鋭くなってますね。

おいしい匂いがわかるんでしょう♪

それで代表に選ばれたわけで、その部分はもっと尖って欲しいものです。




19日の夜は川崎の選手会が計画した「W杯壮行会」が開催されました。

壮行会は各クラブそれぞれでしょう。



そういえばジュビロ磐田の伊野波雅彦選手、やや悲壮感もありました。

ジュビロからは5大会連続で選ばれています!!!



これを途絶えさせては行けないという気持ちからでした。

J2ですからね〜



一方、J1の鹿島は初のW杯代表ゼロになりました。

4大会連続でしたが今回は無し、と。


但し、セレッソトリオとかセレッソカルテットという言葉があるように、「元」もアリなのが昨今のようです。

その意味ではシャルケのウッチー、内田選手とミュンヘンの半端ない大迫選手は鹿島と言ってもいいんじゃないかと思います。



J2に沈んだジュビロ磐田と対称的に、J1に復帰したガンバ大阪の選手

こちらも伊野波選手の感覚は分かるんじゃないかと思います。



さて、嗅覚の鋭い大久保選手19日の川崎の「W杯壮行会」はブラジル料理!!!

なんかガッツリ食うって感じがしますね〜




シュラスコ、ブラジリアンバーベキューですね。





フェジョアーダ、肉と豆を煮込んだブラジル料理です。





ポンデケージョ、ポルトガル語で「チーズパン」です。

いくらでも食べれそうな感じですね〜




アサイー、これはブラジルで有名ですね。

見た目ブルーベリーですね。

アマゾンが原産のヤシ科の植物です。



こんなものを大久保選手は食べたのでしょう。



一方、遠藤選手は?

ブラジル時代というものがあります。。。

高2でブラジルへサッカー留学ですね。

そこで食べたブラジル料理とは?!





チャーハン!!!


あ、ブラジル料理じゃないですね。


当時の遠藤選手、練習後の唯一の楽しみがチャーハンでした。

ただ、暗くて治安が悪かったそうです。



小銭を握りしめて、たった200m先の店に猛ダッシュ!

チャーハンを食ったら、猛ダッシュで自分の部屋に帰る!

なんという罰ゲーム(笑)


今回のブラジルはちゃんとコックがいるのでダッシュは必要なくなるでしょう。

マイペースの遠藤選手なので、カツ丼も多分食べないような気がします。。。



そういえば、カツ丼食べる人いました。



絶叫解説松木安太郎氏ですね。

「今日カツ丼喰ったからね、俺たち」なんて発言がありました。

今回も食べるんでしょう(笑)

nice!(0) 

nice! 0

ホーム

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。