So-net無料ブログ作成

流行語大賞2014 レジェンドか「てっ」か「ダラズ」か 方言がトレンド? [国内]

レジェンドはレジェンド葛西紀明!


レジェンドは、北海道出身の生ける伝説スキージャンプ選手の葛西紀明(かさい・のりあき)選手です。

41歳のアスリートですが、40歳を超えても現役バリバリ第一線の成績記録しています。

普通は記録が落ちてもいいところですが。



2014年の流行語大賞どうなんですかね〜




実は今年2月に結婚していたんですね。

レジェンド葛西は、ソチ五輪で個人メダルを獲得した2月15日速攻で国際電話でプロポーズ!

相手の女性は、レジェンド葛西より12歳年下で北海道札幌市に住む一般女性です。



帰国後、2014年2月22日に婚姻届を提出。

善は急げです。



挙式・披露宴などは、2014年10月頃の予定。

そしてシーズンインと。

いや〜、抜かりないですね〜




ところで、「てっ」って何ですかね?

NHK連続テレビ小説「花子とアン」

古〜い時代のお話ですね。

花子が拾ったラブレターを丸写しした場面ありましたね〜




好視聴率だそうですが、そこで登場する人物は甲州弁を喋ります。

山梨県甲府市内がロケ地になっています。

甲州弁で驚きを表す「てっ」が登場します。

「あまちゃん」の「じぇじぇじぇ」で流行語大賞ゲットしたので2匹目のどじょうを狙ってるようです。




方言で驚きを表すというと、

沖縄の「アイエナー」、出雲弁の「おべたぁ」(驚いた) 、名古屋弁「知らんかったがね」、讃岐弁の「なんとな〜」、秋田の「どでした」(動転したから)とかありますが、時代はスナバ



NHK鳥取放送局ではドラマ『ちょっとは、ダラズに。』を制作。

今年1月からの放送です。



これは同県米子市周辺で使われる方言「ダラズ」をキーワードにしたものです。

タリーズ進出で話題の米子




意味は「チャレンジ精神旺盛で突拍子もないことをしてしまうが、どこか憎めない人。人生を楽しもうとする人」という前向きな言葉。

元々は「愚か(者)」だったそうです。



主人公は真帆役の黒川智花さんです。

東京の出身なんですけどね。





2013年は「倍返し」で新語・流行語大賞大賞の堺雅人、今はドラマ「パンドラ~永遠の命~」に集中。


今年、2014年はアツくならずに「ちょっとは、ダラズに。」♪

ちょっと肩の力を抜いて、「ダラズ」で流行語大賞争いに参戦です!

先は長いので、息切れしなければいいんですがね〜




っていうか、もしかして民放の次はNHK?

お約束ですか?

nice!(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

ホーム

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。