So-net無料ブログ作成

堺雅人のドラマ「パンドラ~永遠の命~」 小保方さんはパンドラの箱を開けたのか? [ドラマ]

パンドラ、毎シリーズ7、8回で終わる医療系のドラマです。

放送はWOWOWになります。



4月27日(日)22:00から第4弾が始まります。

今回は「永遠の命」。

クローン技術をテーマにドラマです。




キャストとしては、堺雅人!

2013年3月の報道で女優の菅野美穂さんと結婚するという報道がありましたね。

映画「大奥~永遠~」(2012年)で共演したのをきっかけです。

「永遠」ですかぁ。



菅野さん、フジテレビ2012年に「結婚しない」に出演していました!

ん〜、何なんでしょう???




2013年連続ドラマ『半沢直樹』!

「倍返しだ!」

昨年の新語・流行語大賞大賞でしたね〜

「今でしょ!」もありました〜



それから他のキャストとしては、尾野真千子、石黒賢、鈴木浩介、伊藤歩、郭智博、中村敦夫、伊武雅刀、高橋克実となっています。




ドラマの内容はクローン技術ということですが、医学界と政界の思惑が謎の殺人事件を軸に複雑に絡み合っていきます。

秦の始皇帝が求めた不老不死、永遠の命、神の領域に突入ということですね。

最近は理化学研究所の小保方晴子さんのSTAP細胞も不老不死と関係があるそうです。

それで何だか騒がしいのでしょうか。

タイミングいいですね〜



ていうか、セカオワの「幻の命」とか「不死鳥」の曲をイメージしたりしちゃいます♪

ま、それくらい「永遠の命」って言葉に魅力があるんでしょうね〜




脚本家はフジテレビ「白い巨塔」(2003年)や「パンドラ」シリーズの井上由美子さんです。

「白い巨塔」は高視聴率だった大学医学部付属病院を舞台にしたドラマでした。




メインは鈴木元役の堺雅人!

港東大学医学部の生命科学研究所講師でした。

でした。

元上司である榊原道隆港東大学学長(伊武雅刀)はクローン技術の革新的発見をした鈴木元に対し倫理的に問題ありとしてぶつかりました。




それで、鈴木元は研究所を追われ町医者に。

都落ちですね〜



港東大学には同僚で塚越洋一(石黒賢)がいます。

こちらはiPS細胞による心筋再生の功績が認められ医学界での評価が高まります。



iPS細胞といえば、京大の山中伸弥教授!

ドラマではその先の実用化レベルということですか。

ここで登場人物は大学関係者3人。



さて、事件が。。。

田代めぐみ(伊藤歩)が謎の転落死!

妹がいました。

田代なつみ(尾野真千子)、雑誌社のライターをやっています。

姉妹ですが、疎遠でした。。。



ですが、6歳の息子、田代新児(高橋來)という子供がいます!

それで、なつみは預かることに。。。

えっ、何で私が?

姉の息子との生活になじめず経済的な事情もありました。

2人の姉妹と「新児」という名の子供。




その間、地方の医者となった主人公鈴木元は探偵を使って探していた田代めぐみが遺体で見つかったことを知ります。

なんで探していたのでしょうか?

めぐみの子供、新児との関係は?




突然なつみが預かることになる新児ですが、やはり大変です。

渡りに船か、なつみは病院で出会った父親を名乗る鈴木に新児を預けることに。

主人公と姉妹そして6歳児が絡みます。




転落死した姉めぐみの死は他殺の可能性が出てきました。

ここで神奈川県警捜査一課の登場です!

警部補・黒岩忠嗣(高橋克実)は鈴木に着目!

なんか怪しい?というか捜査ですね〜


若手?の巡査部長木村和晴(郭智博)も登場です。

第3のグループですね。




怪しい鈴木、黒岩のガッツリ聴取です。

鈴木に関する聴取で黒岩と面会した港東大学学長の榊原は、新児の存在を知って驚愕!

ここで古巣の元上司榊原道隆(伊武雅刀)と鈴木元の巡り会いと。



この新児はもしかしたらクローン人間?

鈴木が発見した技術を使った作品なのでは?




さて、新しいテクノロジーには同業者以外も興味を示します。

投資させろというファンドとか商業化に向けた業者とか色々ですね。

重要技術になるとやっぱり政治が絡むのでしょう。



中国なんて米国でスパイの疑いで追われる研究者もいるくらいなのでヤバいです。

最新テクノロジーが海外に流出したら巨大な損失です。



元総理大臣の大泉竜作(中村敦夫)、そしてその配下の神宮悟(鈴木浩介)。

この元と付くことががなんか曲者ですね。

現役ではない人が何をするのでしょうか、代理人?



元といえば、鈴木元。

新児という名前と共に意味深ですね〜




さて、死んだ田代めぐみ(伊藤歩)の子、新児は鈴木元の実子なのか、クローンなのか?

普通にできた子なのか、クローン技術を使ってできた新しい児なのか?



鈴木元は、理化学研究所のSTAP細胞で有名になった小保方晴子さんを連想させます。

元同僚の港東大学の塚越洋一(石黒賢)はiPS細胞の実用化。



小保方さんは、取材に対して 「大きな力が動いている」と発言しています。

この大きな力とは元総理大臣の大泉竜作(中村敦夫)?

いや更にその先に何かが?




「その天才医師は、自分をもう一人、生み出した。」

ドラマと現実、結構スリリングですね〜

元(堺雅人)と新児(高橋來)の運命やいかに?!



nice!(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

ホーム

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。