So-net無料ブログ作成

麻生副総理「答えは出ない」甘利TPP担当相「えっ?」菅官房長官「。。。」 [経済]

本音を語るのか空気を読まないのか失言なのかよく分からない麻生太郎副総理兼財務相。

4月25日午前の閣議後会見でポロリと本音が。。。



ここ暫く顔色が悪かった甘利TPP担当相の連日連夜の交渉がありました。

甘利大臣、地獄のロードショウTPP環太平洋経済連携協定交渉です。

麻生太郎副総理兼財務相は閣議後の会見でTPP交渉について、「どのみち11月の(米国の)中間選挙までは答えは出ない。国内でオバマ大統領が全部まとめきれるほどの力はないだろう」と語っています。



TPPについては、大筋合意から後退して協議を継続することで何とかまとめました。

しかし、麻生氏は更に「仮にフロマン氏と甘利氏がまとまったとしても、それが米議会で通る保証もない。」

「11月の中間選挙まで答えは出ないだろ?何だかんだ言ったって」



的確な発言というか、言いたい放題というか、空気を読まないストレートさ!

が、ここで我らがスポークスマン、菅義偉官房長官!



同日の夕方の会見で「麻生さん流に説明したのだと思う」と釈明。

「私の会見が、日本政府を代表しているすべて」と。

火消しをしながらも、自分の立場も守りたい?菅義偉官房長官のようです。




スシが何貫なのか、そんなくだらないことまで気にしなきゃいけないスポークスマン。。。

カウンターパートのジェイ・カーニーは単なるホワイトハウス報道官です。

官房長官である菅義偉氏はそれとは格が違います。

オバマ大統領が食べたスシの数が10貫でも14貫でもどうでもいいのですが、まぁとにかく穏便に穏便にで大変です。



三ツ星の寿司職人でおもてなしはいいのですが、ハンバーガー舌に分かるかという素朴な疑問。

それは言わないことになっているのでしょう♪

官房長官も大変ですね〜




が、麻生さんのそんな一言で片付けられた甘利TPP担当相はどうなっちゃうんでしょうか?

政府としてもそこは読んでいてのTPP交渉だったのかもしれません。

連日連夜の交渉でお疲れの甘利大臣の発言はこんなのでしたね。


nice!(1) 

nice! 1

ホーム

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。