So-net無料ブログ作成

甘利TPP担当相「もうやりたくない」 舛添都知事で北京とバランス [経済]

米国大統領バラク・オバマ氏来日に伴って激務が更に増した甘利氏です。

ロードショウ並の激しさなのか、心無しか生え際が白っぽく映るのは気のせいでしょうか。

64歳ですからね〜



増すといえば、マスゾエ、舛添氏、こちらは一つ年上で白髪も隠さない65歳です。

個性マックスの東京都知事です。

何だか評判の悪い舛添氏ですが、『舛添要一の6カ国語勉強法』という本を出しただけあって語学は得意です。

特にフランス語英語ですね。




四半世紀も元妻としてネタを引っ張るマスコミにうんざりしている片山さつきさんも英語は喋ります。

何か舛添さんにあればまた片山さつきさんにコメント貰うんでしょうか?

同じ業界に生きているので仕方ないのかもしれません。

職場結婚にはご用心といったところでしょうか。



舛添都知事、一緒に媚中、親韓なんだかんだという言葉も出てきますが、意外なことに『舛添要一の6カ国語勉強法』には隣国の言語は無いんですね。

中国語、韓国語は当時は彼に取って勉強しても価値がない言語だったのでしょうか。

オバマ大統領が23日夜羽根田に降り立ちましたが、翌日舛添要一知事は、民間機で羽田空港を出発し、北京に到着しています。




銀座の高級店では23日ケネディ大使と舛添氏の東大法学部後輩となる佐々江賢一郎駐米大使が寿司をつまんでいました

クジラは出てこなかったようですね。

コラーゲン豊富そうな黒豚も出なかったようです。

こちらは舛添氏の後輩で62歳ですが、白髪を気にする以上にコトは進んでいまして全く隠すことなく大人の対応ですね。




表では安全保障、安全保障と中国を意識した内容が盛り込まれるかどうか騒がしいのですが、一方で都知事は喧噪を離れて中国に行っているわけです。

1979年以来の姉妹都市北京を訪問中の舛添氏、24日に民間機で警備が厳重となっている期間羽田空港から北京に訪問です。

王安順市長と会談し、日中関係改善への地ならしを期待するとの報道があります。

26日帰国予定です。




日本の国賓としては18年ぶりと言われるオバマ大統領、一方北京市から招待されるのは18年ぶりという舛添都知事です。

1996年の青島元知事以来ですね。

ということで、オバマ大統領が夫人同伴しないのは中国を意識したものかという報道がありますが、日本も政府としては安全保障という中国に強行的な面を見せつつ舛添都知事には裏で関係強化ということで動いてもらうという別の手法での関係維持をしている可能性があるようですね。



安全保障、安全保障と目を吊り上げていて米国の要人も密かに集結していたりするようで大統領は見たら卒倒するような蒸せかえるサラリーマン地獄の山手線見学はしないにも関わらず閉鎖のコインロッカーという都内ですが、都知事は涼しい顔してヒラリと北京だったんですね。

ここで舛添ケシカランといきり立つ脊髄反射タイプなのか、会社で根回しが上手くてさもありなんとニヤケル人なのかによって反応に違いがでるのでしょう。

これが大人の対応ということでしょうか。



24日午後の甘利TPP担当相の発言として、「もう一度担当相をやりたいかと言えば、やりたくないです」となっています。


関連記事
甘利大臣の白髪は某国の過大なる要求のためか?


nice!(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

ホーム

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。