So-net無料ブログ作成

甘利大臣、朝まで交渉? 大統領来日の裏日程 [経済]

相変わらず顔色の悪そうな甘利明TPP担当相です。

安倍オバマ寿司屋会談の裏側ではTPP最終ラウンドがあるんですね〜




以前、「直ちに健康に影響を及ぼす数値ではない」という言葉で有名になった枝野幸男氏を思い出します。

「枝野寝ろ」ですね。

今回「甘利ネロ」は無いようですが、早く楽になりたいオーラも見えます。

最終的には安倍さんとオバマ大統領で決めるっとことなんでしょうか。

決めなくていいんですが、何か共同宣言みたいな成果報告を出したいのに巻き込まれるのは困りますが。




枝野さんは、東日本大震災に関連して福島第一原子力発電所事故での対応でスポークマンとして働いていました。

当時、民主党で官房長官をやっていて、その中で起きたものです。




そういえば米国ではスポークスマンなんですね。

元マスコミ関係者がなったりしますね。

ホワイトハウス報道官です。



現在のホワイトハウス報道官はジェイ・カーニーで2011年からです。

日本の場合、内閣官房長官がそれに相当します。

ただし、米国の場合は報道官ですが、内閣官房長官は閣僚です。

つまり大臣の扱いです。



ということで、政府報道官といっても日米ちょっと違うってことですね。

現在の内閣官房長官は菅義偉氏です。




さて、甘利氏、4月23日(水)交渉相手の米通商代表部(USTR)のフロマン代表が早朝来日。

羽田空港に大統領より先に来ました。

安倍晋三首相はこの日の衆院農林水産委員会に出席しています。

都内のホテルで正午から4時間半に渡って会談しました。

会談後、安倍総理に報告。




そうしてる間に、オバマ米大統領が18時49分羽田到着。

で、虎ノ門の在日米国大使館の隣のホテルオークラに寄って銀座へ繰り出したのでしょうか。

19:30頃にリムジンが都内霞が関に入ってます。

夜になって安倍首相は寿司屋の前でオバマ大統領を出迎え。

そしてスシ外交ということでしたね。




20時30分過ぎに、大統領のリムジンが到着。

22時過ぎにスシ外交は終わり、大統領は国賓ではありますが赤坂の迎賓館でなくホテルに向かいました。



一方顔色の優れない甘利氏、米国のフロマン氏と23日の深夜協議を再開します。

朝まで生テレビじゃないんですが、首脳会談直前までバトる様子です。

というか、早く安倍さんに投げたい気持ちじゃないかと思います。



24日午前に開催される安倍晋三首相とオバマ大統領の正式の首脳会談があります。

環太平洋連携協定(TPP)交渉や、安全保障問題が話し合われる模様です。



それで、国賓としての行事ですか。

夫人が来ないという米国人にあるまじき行動、対応する宮内庁も大変かと思います。




あ、甘利さんはTPPで表に出てますが、安全保障問題はあまり出ませんね〜

同行している国家安全保障担当のスーザン・ライス大統領補佐官。

中国を刺激しないというか、融和的な姿勢と言われています。

ヘーゲル国防長官やケリー国務長官と姿勢が違うようで、国としての態度が示せない様子です。


昔二枚舌外交という言葉がありましたが、人によって言っていることが違うと米国は日本を守らないってことと思われてしまいます。

どうなるんでしょうかね〜



ホテルオークラでこっそり会って喋っているのでしょうか。

24日の首脳会談だけだと短過ぎるし、ライスさんの来ている意味も薄れます。

2次会は夜中のホテルでということですか。



さて、甘利大臣、総理への報告はどんな感じでしょうか?

nice!(0) 

nice! 0

ホーム

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。