So-net無料ブログ作成

北海道のロイズ、4万個超を回収

北海道の製菓会社ロイズの製品に異物混入というニュースが入っています。

こちらは薬品とか化学物質ではなく、プラスチックの破片とのことです。




消費者からの電話によって調べたところ分かったそうです。

それが1月8日のことでした。



2種29製品が自主回収の対象とのことで、その数約4万6千個です。

敷島製パンは約44万5千個だったので大体10分の1といったところですね。


原因は製造部品の破損によるものでそれが製品に混入された模様です。

これは新千歳空港内にある製造販売所でベルトコンベヤーの部品が破損ためとのことです。

空港内で作ってるんですね〜

ということは、先ずこの空港でお土産として買った人は要注意です。

というか、お土産なので渡しちゃったかも。

でも微量のプラスチック片が混じっている可能性があるので気をつけましょうということです。




それから、対象製品の製造された期間ですが、昨年11月21日から12月5日の分で、「ロイズアールショコラ」と「ロイズ10+件ポップ」です。

「アールショコラ」を購入したお客さんから「プラスチック片が入っていた」と電話があったようです。アールショコラ、前に食べたことあります。

大切な方へ、自分へのご褒美にマノン社の高級ベルギーチョコレート・プラリネアソートメント(12...



それで、ロイズって、ロイズコンフェクトっていうんですね。

コンフェクトって何だろうとおもったら、砂糖漬けとか糖菓の意味でした。







それから北海道にはツイーツ好きの会社がいくつかあります。

幾つ挙げられますか?

そろそろバレンタイン。。。

チョコレートの宝石箱とも賞賛されるGODIVA自慢のプラリネのギフトボックス10粒ベルギー王室御...




白い恋人で有名な石屋製菓、バレンタインの限定商品が出てますね〜

六花亭製菓のマルセイバターサンドも有名ですね。



あとは、ルタオ(LeTAO)。
冬ランクの1位は、「メルクーヘンセット」となってます。
「メルクーヘン」と「ドゥーブルフロマージュ」の組み合わせですね。



それから北海道旭川の菓子処 梅屋、「シュークリームの梅屋」。

梅屋は創業100周年なんですね〜

企画があるようです。

ジモティーは注目です。



千秋庵製菓、1921年創業です。

そろそろ100年ですか。



五勝手屋は羊羹ですね。明治3年が創業年です。

洋菓子屋さんもいいですが、北海道の和菓子もグッドです。


ハスカップに拘った三星(みつぼし)、作家の小林多喜二さんの親戚が始めたお店です。

ハスカップって、外来語かと思ったら違いました。

アイヌ語のハシカプから来ています。

すいかずら科の仲間です。

地元の年配の人は「ゆのみ」と呼んでいました。



洋菓子屋さん北菓楼(きたかろう)の「北海道開拓おかき」もあります。

洋菓子屋のスペシャルおかきです。



洋菓子きのとや、ここは「黒千石のフロランタン」がありますね。

フランス菓子のフロランタンです。



可愛い「三方六(さんぽうろく)」の柳月(りゅうげつ)。

白樺の薪を表現しています。



わらく堂は、「もてぃもてぃ」という和菓子なティラミスを発売しました。

不思議スイーツです。売り切れちゃいそうですね〜



千歳の和洋菓子「もりもと」もあります。


ロイズはちょっと残念ですが、原因と影響範囲も分かったようなので後は回収が速く進むといいですね。

ということで、北海道スイーツを思い出してしまいました。

未開拓もあるので色々と試したいですね〜

チョコレートの宝石箱とも賞賛されるGODIVA自慢のプラリネのギフトボックス10粒ベルギー王室御...


nice!(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

ホーム

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。