So-net無料ブログ作成

浦和レッズはマリノスに吸収か? それとも三菱グループが引き受けるのか? [スポーツ]

三菱自動車が日産自動車の傘下に!


日本は自動車会社が多すぎるとは言われて来ました。

銀行業界では都市銀行はメガバンク化しました。

自動車業界にも再編の嵐が?

よく言われる経営体力がという話で、実際のところどこまで正しいのかは分かりません。


それが、今回、日産は三菱自動車工業の筆頭株主となり事実上、傘下に収めることになります。



さて、プロスポーツは大体が親会社、事業会社がオーナーとなるわけです。

日産はマリノス、三菱自動車は浦和レッズ。

それが、今回日産自動車がマリノスもレッズも所有するのか、という話です。


「浦和レッズはマリノスに吸収か?」の答えを先に書くと別会社が引き受けるのでは、です。

とりあえずは可能性の一つなんですけどね。


横浜F・マリノス(横浜FM)の運営会社は横浜マリノス株式会社で、その親会社は日産自動車。

横浜FMは、前身が日産自動車サッカー部で、旧称は横浜マリノス(横浜M)。

それが、横浜フリューゲルス(横浜F)を吸収合併し現在の横浜F・マリノスに改称。

横浜フリューゲルスは全日空横浜サッカークラブが前身でした。

ANAですね。

横浜FのFはフリューゲルスのFで、ドイツ語で翼を意味するフリューゲル(Flügel)からです。

飛行機の翼です。


吸収された横浜フリューゲルス(横浜F)ですが、その理由は親会社の経営状態が思わしく無かったためです。

で、そのときの騒動でサポーター達によって設立されたのが横浜FC

横浜のサッカー表記のややこしさはこの辺にあります。



横浜FM、横浜M、横浜F、横浜FC。。。

マメ知識ですね(笑)

横浜FCは草の根というか企業よりも地域というJリーグの方向性に近いと思います。


さて今回の浦和レッズの行方も親会社の問題です。

三菱自動車は結局は日産自動車。


ということは、日産がマリノスもレッズも所有していいのか?

そういう問題が出て来ます。



強豪同士のマリノスとレッズの対戦!

親会社が同じ。。。

これはうまくありません。



ということで、三菱自動車は浦和レッズから手を引くのではと予想もされます。

では、どこが引き受けるのか?


自動車会社?

ホンダとか日野自動車?

ホンダですか。。。


トラックメーカーだと日野、三菱ふそう、いすゞ、ニッサンディーゼル(UD)。


日野はトヨタ系列、いすゞの主要株主は三菱商事、伊藤忠商事、トヨタ自動車と微妙なところ。。。

三菱ふそうは主要株主というか9割方がドイツのダイムラーで残りが三菱グループ各社です。

UDトラックス、元日産ディーゼルですが、ボルボの傘下にあります。



仮にトラックメーカーだと三菱ふそうがレッズを引き継ぐ可能性はあります。

名前からは。。。

でもダイムラーですからね。


が、それよりも三菱自工から先祖返りして三菱重工業が浦和レッズの親会社になる可能性の方が高いのでは?



歴史の流れから、三菱重工業サッカー部三菱自動車工業サッカー部浦和レッズ

真ん中の三菱自動車工業が外れて、元の三菱重工業がレッズのスポンサーにという流れが自然な感じです。


横浜FR・マリノスとか横浜浦和F・マリノスとか、わけワカメよりもスッキリするでしょう。

というか、マリノスと合併だとサポーターがという話も。。。

Jリーグとしても混乱は避けたいところです。


埼玉の会社だと、日産系のカルソニックや日立系のクラリオン。

島忠、しまむら、かっぱ寿司 。


まぁ多分赤い三菱系の会社かな、と。

nice!(0) 
ホーム