So-net無料ブログ作成

藤井聡太四段17連勝なるか! 対戦相手は西川和宏六段 [国内]



「炎の七番勝負」の後のインタビュー


小池重明「ところで藤井ちゃん、プロ七人と戦って、どう。彼らの将棋をあんたはどう見るかね」


藤井聡太四段「どうって、やっぱりプロは強いですよ。あんなに強いとは思わなかったですね」


小池重明「そうかい。藤井ちゃんでも、そう思うかい」


藤井聡太四段「だって、七回戦って、六回しか勝てなかったんだもの、俺に七回、勝たせなかった、というところだけでも、やっぱりプロは強いすよ」



と話したかどうかはわかりません(笑)

というか、実際の接点は無いでしょう。



羽生三冠、せっ接待将棋? 「炎の七番勝負」で中学生の藤井四段に破れる!

藤井四段の七番勝負は、最後に羽生善治三冠に勝って6勝1敗で終了。




小池重明さんと言えば、プロ殺しと呼ばれた真剣師。

実在の人物です。

賭けマージャンもあれば賭け将棋もあります。



「あンた背中が煤けてるぜ 」

というセリフは無いでしょうが、終盤に滅法強いのが特徴。




追い込みを掛けるというのは、競馬で言えばブロードアピールのような鬼足。

シンガリ一気 最後方、大外からハープスターが、ブロードアピールが!!

追い込み馬のような将棋を指したのが小池重明さんといえるかと。



盤上では相手に追い込みを掛けても、実生活では追い込みを掛けられた場面もあったかもしれませんが。

破天荒な将棋指し、ギャンブラーでした。




ただ、小池重明氏は、羽生善治三冠と接点があります。

そして、「東の羽生、西の村山」と並び称された村山 聖(むらやま さとし)氏とも。



羽生三冠は、小学校の時、小池氏の記録係で。

そして、中学1年生の時の村山聖氏は小池氏に対戦し勝っています。


村山氏は、書籍、マンガ、映画になっているので知っている人は多いでしょう。







さて、藤井聡太四段 5月4日に連勝記録を16に更新しています。


「炎の七番勝負」も面白いのですが、藤井四段、自身の公式戦連勝記録更新中です。




藤井四段の16連勝の初戦が、加藤一二三九段でした。

2016年12月24日、これを破り、連勝を重ねてきました。



当然、両者ともにプロですが、いきなり九段ですからね。

それも、「ひふみん」こと加藤一二三九段。

経歴から言ったらジャイアントキリングの様相です。




将棋の最多連勝記録は、神谷広志八段が達成した28連勝です。

さすがに、そこまでは行かないかもしれませんが、次に勝てば17連勝です。




対戦相手は西川和宏六段です。

藤井聡太四段、両親とも将棋は指さない環境でした。




対して、西川和宏六段、親は 西川慶二七段。

師匠でもあります。

将棋界のサラブレッドとでも言いましょうか。

シンガリ一気 最後方、大外からハープスターが、ブロードアピールが!!



西川六段は、振り飛車党と言われています。

将棋の二大戦法として、居飛車(いびしゃ)と振り飛車(ふりびしゃ)があります。

西川六段は後者の振り飛車を得意とする騎手じゃなくて、棋士です。

『西川流振り飛車 居飛車穴熊破り』という戦術書の著者です。




藤井四段、西川六段を追い込めるか?

次戦は5月12日(金)の王将戦予選での西川六段との対局。

楽しみですね。




関連記事
羽生三冠、せっ接待将棋? 「炎の七番勝負」で中学生の藤井四段に破れる!

追い込み シンガリ一気 最後方、大外からハープスターが、ブロードアピールが!!



nice!(1) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

ホーム