So-net無料ブログ作成

羽生三冠、せっ接待将棋? 「炎の七番勝負」で中学生の藤井四段に破れる! [国内]

「藤井聡太四段 炎の七番勝負~New Generation Story~」の最終局!

AbemaTV将棋チャンネルの対局企画です。



第七局は、羽生善治三冠と対戦。

第二局で永瀬拓矢六段に負けはしましたが、遂に三冠に初めて挑みます。



藤井聡太四段プロフィール
藤井聡太(ふじい そうた)四段、2002年7月19日生まれの中学3年生。

学生服を着てあどけない表情を浮かべています。

5歳のときに祖母に教わったのがきっかけで、四段昇段年少記録を持っています。



それまでの記録は、加藤一二三氏が14歳7カ月でトップでしたが、14歳2カ月で破りました。


そんなノリにノッている藤井四段、最後の相手は羽生善治三冠。

非公式戦とはいえ、両者、負けられない戦いです。




史上最年少棋士
戦いの前の戦い、プロ入り比較。

藤井四段は、史上最年少の14歳2カ月、羽生三冠は15歳2カ月。

むむっ、かっ勝っている。。。




接待
ところで、羽生善治三冠、一頃ある発言で議論を呼びました。

接待ゴルフというのがあります。

将棋にも接待将棋がある?


ある対談で羽生三冠、

「北陸先端科学技術大学院大学では、接待将棋の研究にチャレンジしています」

「人間といい勝負をして、最後負けてくれるというソフトです」

「負け方があからさますぎないようにするのが難しい」

、と。



炎の七番勝負
で、今回は、藤井四段対羽生三冠、新旧の天才同士の初対決です。

七番勝負の対局結果は以下のとおり。

 第一局、増田康宏四段に勝ち!

 第二局、永瀬拓矢六段には負け。。。

 第三局、斎藤慎太郎六段に勝ち!

 第四局、中村太地六段に勝ち!

 第五局、深浦康市九段に勝ち!

 第六局、佐藤康光九段に勝ち!


と、駒を進めて来ました。



「炎の七番勝負」、第七局、相手は天才と呼ばれた羽生善治三冠!

ついに、ラスボスが!

三冠なんて付くとプロ野球の落合博満氏、3度の三冠王という記録があります。

まさにラスボス!




結果は、中学生の藤井四段の勝ち!


企画モノ、非公式戦とはいえこれだけの成績です。

羽生善治三冠、「すごい人が現れた」とコメントしています。



接待将棋じゃないですよね?


関連記事
接待選挙 仏大統領選、マクロン (23.7%) 、 ルペン(21.7%)で決選投票へ

鉄人と鬼 「炎の料理人」、周兄弟の周富徳さん死去



nice!(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

ホーム