So-net無料ブログ作成
検索選択

トランプタワー間取り図流出! トランプ大統領の敵とは? [海外]

秘密を部外者にサービスするシークレットサービス(大統領警護隊)?!

米シークレットサービス要員から国家安全保障情報の流出!

てへぺろ?



トランプ大統領といえば、ゴージャス?キンキラキンのビルディング、ニューヨークのトランプタワー!


トランプタワー間取り図入ったPCがシークレットサービス(大統領警護隊)要員の車から盗難されました。


これだけだと、うっかり八兵衛っぽいですが、経過を見ると。。。

あやすぃい。。。



シークレットサービスとは?
米シークレットサービス(大統領警護隊)という法執行機関です。

南北戦争時まで遡る米最古の諜報機関。

米国に諜報機関っていくつあるんですかね〜

大統領を諜報?


予算、減らされたく無いしね(笑)

権限は当然拡大したいし(笑)

自分らに不利なことする上司は脅すと。

分かりやすい構図です。






江戸時代に創設されているんですね、財務省傘下で。

しばらくして、大統領の警護の仕事が加わりました。


2002年に国土安全保障省の設立で移管されています。

その間にも、様々な権限が付与され組織も拡大されています。


財務省傘下ということは、通貨ですね。

偽造通貨です、これが無いかとかいうものですが、今では何をやっているのか、電子情報云々でこれまた秘密です。



アメリカは日本と違って官僚主義ではなく民間主導♪

というのはウソで、よく分からない法執行機関が色々あります。

つまり武器をもっているということです。

で、何をやっているかは秘密なので言えないと(笑)

こうやって権限を拡大させて大統領がコントロールできないのが現代アメリカ。

部下が上司をコントロールしているということです。

外から見ると大統領がトップでリーダーシップ!

何かの英語教材が売れるのも「リーダーシップ」という洗脳が効いているからです。

内実は官僚主義のアメリカ。

秘密だから言えない、でも大統領や政治家の秘密を探って脅して操ると。

ディープステートですね〜



トランプ政権下での出来事
2017年3月10日夜、男がホワイトハウス敷地内に侵入し、米大統領警護隊(シークレット・サービス、US Secret Service)に逮捕されました。

これに対してトランプ大統領は翌11日、大統領警護隊が「素晴らしい働きをした」と賞賛。

リップサービスでしょうか?




というのも、

2017年1月24日、ワシントン・エグザミナー紙(Washington Examiner)が報じたものがあります。

もしトランプ大統領が狙われたとしても警護しないと示唆する内容をフェイスブックに投稿していたシークレットサービス隊員がいます。



コロラド州デンバーに勤務するケリー・オグレディ(Kerry O'Grady)隊員は2016年の大統領選挙運動中、民主党のヒラリー・クリントン候補を支持するとフェイスブックで表明。

「I'm with her」ですね。

1939年制定のハッチ法(Hatch Act)という公務員の政治的言動を禁じた法律は尊重しない(damned)と発言。


F*ck the EU?

ウーマンリブ、共産主義思想の人でしょうか?

これだったら公務員、要らないですよね。



そういう不穏な動きがある中での、トランプタワー間取り図流出です。

単純に流出で「わざとだろ」でもいいのですが、この辺キッチリ押さえていくと。。。



トランプは経営者だったので、部下が何をやろうとしているかは分かるんでしょう。


トランプ大統領、任期を全う出来るでしょうか?



敵が多いですね〜

そりゃ、オバマ大統領、何もしないのがベストというのは分からなくも無くは無いです。

でも、やっぱり、オバマはトランプと違ってええ格好しいです。

チェンジとか言って、黒人の期待を裏切る黒人大統領でした。


「泣き言をやめろ!!!」ですからね〜

トランプみたいに泥まみれになってから言って欲しいところです〜


関連記事
「泣き言をやめろ!!!」 トランプ対オバマ トップの自覚の問題でイスラム国と不正選挙をテーマに応酬

トランプタワー 今太閤トランプ次期大統領の黄金の間で会談




nice!(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

ホーム